犬がグレープフルーツを食べても大丈夫?与えるメリットと注意点

栄養が豊富で、手軽に購入しやすいのが魅力のグレープフルーツ。犬と生活をしていると、グレープフルーツを食べるときに「ちょうだい」とおねだりをされた経験を持つ飼い主もいるのではないでしょうか。

このときに、頭を悩ませることも多いのが「犬はグレープフルーツを食べても問題ないのか」という点です。犬の健康を守るためにも、きちんとグレープフルーツの成分や栄養について知識を学んでおきましょう。

ここでは、犬がグレープフルーツを食べても問題ないかという点や与えるメリット、与える場合の注意点などを紹介します。

そもそも犬はグレープフルーツを食べていい?

犬にグレープフルーツを与えても大丈夫なのかという点について、結論からいうと、食べること自体に害は認められていません。

したがって、中毒成分などが心配されがちな柑橘系の果物ですが、グレープフルーツは「犬に与えても問題ない」という見方が一般的です。

ただし、グレープフルーツをはじめとする柑橘類全般は、犬が消化を苦手とする果物といえます。そのため、グレープフルーツは積極的に与えたい果物ではないということを念頭に入れておくのが肝心です。

グレープフルーツを与えるメリットは?

グレープフルーツには豊富な栄養が含まれています。そのため、犬に適切な量のグレープフルーツを与えると、健康維持に役立つ作用を期待できるというメリットがあるのです。

グレープフルーツに豊富に含まれている栄養素には、まず「ビタミンC」が挙げられます。ビタミンCは、関節炎の予防やストレスの軽減に役立つといわれている栄養素です。

ただ、その一方で、ビタミンCはストレスによって壊れやすいという側面を持ちます。したがって、日ごろの食事で意識的にビタミンCを補給するのが大切なのです。

犬にストレスがかかりやすい状況にある場合は、ビタミンが壊れやすい状態なので要注意です。グレープフルーツなどを与えて、ビタミンCを補給してあげると良いでしょう。

 

また、グレープフルーツは「パントテン酸」が豊富に含まれているのが特徴です。パントテン酸は、皮膚の合成や栄養素の代謝などに深く関わるとされています。

犬にとって重要なたんぱく質などに関与するコエンザイムAの1つで、皮膚を乾燥から守る働きを期待できるのです。このパントテン酸が欠乏すると、皮膚炎などの全身性の症状が現れる原因につながるため注意しましょう。

さらに、グレープフルーツには細胞内の浸透圧を維持するうえで欠かせない「カリウム」、骨や歯などの健康維持に関与するとされる「マグネシウム」などのミネラルが多く含まれています。

 

それに加えて、「ビタミンB6」や「ビタミンB2」、「葉酸」や「ナイアシン」などのビタミンが豊富です。

ビタミンB6はアミノ酸の代謝などに関与するとされる水溶性ビタミンの1つで、欠乏すると皮膚・血液・神経などに影響をおよぼす可能性があるといわれています。ビタミンB2は、酵素の機能を助ける働きを期待できます。

皮膚や被毛の健康維持、エネルギー活動のサポートをする作用があるといわれているのです。欠乏すると、皮膚の乾皮症を引き起こしたり、光に過敏になったりするリスクがあるため注意が必要です。

葉酸は神経組織の発達や合成に関与しているとされ、摂取すると貧血予防などに役立つといわれています。

ナイアシンは脂質・炭水化物・たんぱく質の代謝と深い関りを持ち、皮膚のバリア機能強化にも役立つ栄養素だと考えられています。

犬にグレープフルーツを与えるときの注意点

豊富な栄養を含み、犬に与えると多くのメリットが得られるグレープフルーツ。ただし、グレープフルーツを犬に与える際は、いくつか注意しておきたいポイントが存在します。

まず注意したいのは「グレープフルーツの皮の部分」です。グレープフルーツをはじめとする柑橘類の皮には、有毒成分の「ソラレン」が含まれています。そのため、間違っても犬に与えないようにするのが重要なのです。

さらに、皮の部分は消化が悪く、下痢や嘔吐などの症状を引き起こす原因になりやすいといわれています。犬の健康を守るためにも、グレープフルーツは皮をしっかりとむいてから与えるのが大切です。

 

それから、皮だけではなく、袋の部分・白い部分・種などは、犬に与えると消化不良を起こすおそれがあります。これらの部分を丁寧に取り除いたうえで、犬に与えるのが重要になるでしょう。

また、グレープフルーツに含まれるビタミンは過熱すると成分が破壊されやすくなるため、栄養補給の観点から考えると、生のままで与えるのが望ましいという見方があります。

グレープフルーツは「たくさん食べさせないようにする」のもポイントです。グレープフルーツは水分を多く含んでおり、過剰に摂取すると下痢などの症状を引き起こすリスクが高まります。

また、食べ過ぎると嘔吐などの症状が起こる原因にもつながります。犬が食べない場合は無理せず、体調や様子をよく見ながら与えるのが肝心です。

犬がグレープフルーツで吐いてしまったら?

犬がグレープフルーツを食べて吐いてしまう原因は、いくつか考えられます。まず、「きちんと皮をむいて与えた」場合は、量が多すぎるのが原因かもしれません。

与えたグレープフルーツの量が多く、食べ過ぎてしまうと、吐いたり下痢をしたりするケースがみられます。グレープフルーツに限らず、犬にとって良い食べ物であっても、与えすぎは禁物です。

おやつやごはんを与える際は、飼っている犬の適量に調整することを心がけましょう。また、犬によっては少量でもグレープフルーツとの相性が悪く、嘔吐や下痢などの症状が引き起こされる場合があります。

このような場合は、グレープフルーツが体に合っていない可能性があるため、食べさせないのが無難です。いつまでも犬が吐いてしまうようであれば、獣医師に相談をしたほうが良いでしょう。

 

次に、「知らない間に食べていた」場合です。飼い主が知らないうちに、犬がグレープフルーツの皮や白い部分を食べてしまった可能性があります。このような場合は、様子を見て獣医師に診察してもらうと良いでしょう。

特に、元気がない・息が早い・舌の色が白っぽいなどの症状がみられる場合は、できるだけ早めに動物病院で診てもらうと安心です。

こうした事態に備えて、あらかじめ信頼できる主治医を見つけておくと、万が一のときにもすぐ対応できるでしょう。

急な処置を要する場合の犬の症状とは?

犬が嘔吐や下痢などを起こす原因は、食べ物だけとは限りません。食べ物以外にも、ウイルスや細菌が体内に入り込んで引き起こされる「感染症」や、異物を口にするなどの理由で起こる「消化器系の病気」などの可能性があります。

犬の様子に変化がみられた場合は、これらの原因を疑うのも大切です。犬をすぐに動物病院で診察させるかどうかは、食欲の有無や、元気があるかどうかなどの要素で判断する方法があります。

 

万が一、様子を観察していて食欲も元気もない場合は、速やかに動物病院を受診するのが肝心です。ただし、元気があっても嘔吐や下痢などの症状を繰り返す場合は、動物病院を受診し、獣医師の判断を仰ぐと安心でしょう。

なお、与えた食べ物で気になるものがある場合は、量や食べた時間などを獣医師に伝えると、診察に役立ちます。

犬に必要な栄養素はフードやおやつで

大切な家族の一員である犬にいつまでも元気で長生きしてもらうには、日ごろから食事の管理に充分な注意を払うのが重要です。

グレープフルーツにはビタミンやミネラルなどの栄養が豊富に含まれているため、食生活のなかにうまく取り入れると、健やかな体づくりに大いに役立てることができます。

 

犬に必要な栄養素は、市販のフードやおやつで補うのも良い方法です。市販のフードやおやつには、犬に必要な栄養素が多く含まれています。また、ビタミン類を豊富に含むおやつも多く存在するため、活用すると良いでしょう。

フードを健康維持や体づくりの基本とし、足りない栄養は市販のおやつで補うと健康管理をしやすくなります。それに、市販のフードやおやつなら与える手間がかかりにくく、飼い主も楽なのがメリットです。