うっかり食べてしまうことも!犬に与えてはいけない食べ物は

犬と一緒に暮らしている人にとって、犬は家族の一員ですよね。

でも、だからといってヒトと同じ食べ物を与えるのは考えもの。

楽しい食事の時間、かわいくおねだりしてくる愛犬に、ついついおすそわけをしてあげがちです。

でもヒトにはなんでもなくても、犬にとって危険である食べ物もたくさんありますよね。

ほとんどの飼い主さんは承知していることですが、それでも子どもが与えてしまったとか、お年寄りがあげちゃった、なんてこともあります。

 

犬に絶対与えてはいけない食べ物

最初に、犬に絶対に与えてはいけない食べ物とはどんなものでしょうか。

犬に与えると中毒を起こしてしまうもの、それにより命まで落とす可能性があるものもあります。

 

まず、タマネギ。犬の赤血球に反応する「アリルプロピルジスルフィド」という有機硫黄化合物により、溶血性貧血や血色素尿症を引き起こす可能性があります。

この成分はネギ類全般に含まれる物質。

そのため、同様に他のネギ類、ニンニク、ニラ、ネギなども絶対にNGなんですよね。

素材そのものだけではなく、たとえばハンバーグやスープなど、調理されていたり、他の食品に混ざっていたりするだけでも危険です。

 

チョコレートもまた、犬にとっては大変危険な食べ物です。

チョコレートの原料であるカカオには、テオブロミンという物質が含まれています。この物質は、人間は何ともなくても、犬にとっては重篤な症状を引き起こす原因となってしまいます。

誤って犬が食べてしまった場合、下痢や嘔吐、けいれんなどを起こします。

 

わさびも絶対に犬にあげてはいけない食べ物です。

わさびに限らず、からしやコショウといった香辛料は、感覚麻痺などを引き起こす危険性もあるのです。

反応が面白いからといっていたずらをしたり、また、しつけに使ったりするケースもあるようですが、そういったことは絶対にやめたいですね。

 

スナック菓子などの塩分の多い食べ物も注意が必要です。犬が塩分をとりすぎると、人間と同様に腎臓病や高血圧につながる恐れがあります。

ちょっとだけだから大丈夫、と思っても、犬の身体はヒトと比べると小さいものです。思わぬ負担になりますから、与えないほうがいいですね。

 

絶対ダメ!ではないけど、あまり食べさせたくないもの

危険というほどでもないけど、与えるのは避けた方が無難、という食べ物もあります。

エビやカニが大好きな犬も多いのですが、甲殻類にはビタミンB1の破壊物質であるチアミナーゼが含まれています。

特に生の場合は危険性が高まります。この物質は、タコやイカにも含まれています。

また、イカは特に消化が悪く、昔から猫にあげるのは良くないとされていますが、犬にも同じことがいえます。

 

また、生肉も犬が喜んで食べるものの一つですが、衛生状態には注意してあげたいですね。できれば加熱したものをあげたいです。

コーヒーに含まれているカフェインには、中枢神経興奮作用があります。カフェインは人間には適度に良い効果をもたらしますが、体が小さな犬にとっては危険な物質なのです。

てんかんやけいれんを起こす体質の犬の場合は、さらに発作の原因にもなり得ます。

 

ナッツ類もまた、犬にとっては良い食べ物ではありません。ピーナッツやマカダミアナッツはカロリーや油分が多く、消化不良を起こしやすいといわれています。

また、嘔吐や下痢、発熱などの中毒症状をもたらす危険性もあるため、犬にナッツを与えるのも控えておいた方が良さそうです。

 

食べてしまったときの対処方法

もしも、犬が危険な食べ物を口にしてしまったらどうしたら良いのでしょうか。

「ぐったりしていて元気がない」「嘔吐や下痢をしている」などの異常に気づいたら、すぐに獣医師に診てもらうのがベストな対処方法です。

素人が処置できることはないうえに、誤った対応でよけい悪化させてしまうことを避けるためにも、絶対に自己判断はしないようにしましょう。

特に中毒症状が出ているなら、早急に動物病院へ連れていきましょう。

 

あらかじめ電話を入れておくと、応急処置の仕方を指示してもらえたり、到着してからの対応もスムーズになったりするでしょう。

また、パニックになってしまわずに、何をどれくらい食べたかきちんとメモをして、正確に獣医師さんに伝えられるようにすることも大切です。

 

こんなケースにも注意!

飼い主が日頃から注意していても、突発的な事故は起きるものです。

たとえば、犬についての十分な知識を持たない人が、飼い主の見ていないところや、知らないところで勝手に食べ物をあげてしまうケースがあります。

来客や散歩中に知り合った人などが、好意から危険な食べ物を与えてしまうこともよくあります。

犬からは目を離さないことが必要ですね。

 

また、留守中などに、犬が届くところにあった食べ物を食べてしまう、ということもよくあります。

バッグの中に入れっぱなしにしていた食べ物の匂いをかぎつけて食べてしまう場合や、床に落ちていたナッツを食べてしまうといったことも。

大事な愛犬を守るため、「ついうっかり」がないように、普段から注意しておくことが必要です。

 

普段から許可無くものを食べないしつけを

人間にとっては体に良い食べ物でも、犬にとって危険なものはたくさんあります。

命にかかわるような重篤な症状はもちろん、かわいい愛犬の体調不良を防ぐためにも、食べ物は犬が届く範囲に置かないことです。

そして、許可したもの、許可した時しか食べないように、しつけておくのが大切なことですね。