愛犬の一食あたりに必要なカロリーの計算方法

現代のドッグフードは多種多様になり、さまざまなことに気をつかった商品が増えてきました。その中でも気になるのは、やはりカロリーです。

この記事では一食あたりに必要なカロリーの計算方法について解説します。

1食あたりのカロリーの計算方法

犬の一食あたりのカロリー計算は、ライフステージや環境ごとの違いで微妙に計算方法が変わります。

自分で計算するといろいろな係数を知らないと上手く数字を出せないので、ウェブサイトを利用して計算した方が楽だと思います。

参考サイトを2つ紹介します。あくまでカロリーの目安を知るという形でご利用下さい。

愛犬の体重を基準に計算する

かなりザックリとした形になりますが、体重からも目安のカロリーを計算することができます。

まずは、愛犬の体重を3乗します。

計算式
体重の3乗=(体重x体重x体重)

ここで算出された数値を2回、√(ルート)計算します。ルート対応の電卓があれば、対応のボタンを2回押せば数値が出ます。

電卓がない場合は、ルート計算できるウェブサイトを利用しても良いでしょう。

ここまでの計算で出た値に、70をかけてみると、必要なカロリー数の目安を知ることができます。

例:体重5キロの犬の場合

実際に計算を行ってみます。

必要なカロリー数の目安を算出
体重の3乗= 5x5x5=125
1回目のルート計算 = 約11.18
2回目のルート計算 = 約3.34
3.34 x 70 = 233.8

安静時に体重5kgの犬が必要とする、1食あたりのカロリーは約234キロカロリーであるといえます。

犬に必要なカロリーには個体差がある

犬に必要なカロリーを考えるとき、最初に意識しておくべきことは、必要なカロリーには個体差があるということです。実は、同じ犬種や同じ体重であっても、同じ食事量で良いということにはなりません。

犬の年齢に応じたドッグフードも販売されるようになってきましたが、そのような様子からも分かるように、成長期やシニア期などによっても必要なカロリーは変化します。また、妊娠中も同じです。

 

加えて、人間と同じように運動量に応じてもカロリーは変化してきます。散歩や運動の少ない犬については、カロリーを控えなければ肥満になりやすいです。

犬が肥満になってしまうと、足腰に負担がかかってしまったり、ダックスフンドのような胴体の長い犬であればその背中にもダメージが蓄積されてしまったりします。

特に背中に負担がかかってしまうと、ヘルニアなどになる可能性も高くなりますので注意が必要です。

 

逆にカロリーの必要量に足りていない場合は、犬もどんどん痩せてしまいます。特に子犬の場合は成長に影響する場合もありますので、成長期にはより注意が必要でしょう。

そのほかにも意識するべきポイントは多く、避妊手術や去勢している場合もカロリーは変わります。日々の犬の生活や年齢、健康状態に応じて必要なカロリーは変化するのです。

成長に合わせてカロリーは変わる

カロリーの必要量が変化する要因として、最も重要なものが年齢と成長です。成長に合わせて必要なカロリーも変化しますので、注意しておきましょう。

成長期や成犬期、シニア期では必要なカロリーはまったく違います

特に子犬時代と、高齢になってから、特に10歳以降は注意が必要です。しっかりと健康を保ったまま長生きできるように、それぞれの状況に応じて対応するようにしましょう。

適正なカロリー値についてはいくつかの計算方法が示されています。のちほど紹介しますが、それらを利用しある程度の目安をつけておくことが大切です。

また、カロリーに加えて食事回数も変えるのが理想的です。特に生後4カ月前後の子犬のころは細かく複数回に分けて与えるのが良いでしょう。

カロリーはおやつも加算する

カロリーは、1日のトータルで計算します。愛犬に与えるおやつも当然、カロリー計算の対象です。

可能であれば、おやつから摂取される脂質や糖分なども把握したいところです。

せめて「どのようなおやつを与えているのか」「そのカロリーはどれほどなのか」について意識しておくようにしましょう。

愛犬の環境に合ったドッグフードを

今は、環境やライフステージに合わせたドッグフードが数多く販売されています。

それぞれのドッグフードがどのようなところにこだわっているのか、どのような年齢層の犬に適しているのかということを、明確に打ち出しているものが多いです。

カロリーも把握しやすくなっています。

時間をみつけて、どのドッグフードを与えるのが一番良いのか、愛犬の状況と合わせて一度検討してみてはいかがでしょうか。