最高級品質のドッグフード「カナガン」穀物不使用・ヒューマングレードの素材

「カナガン」は、グレインフリー(穀物不使用)で高品質の食材だけを使用しているとして、愛犬家の間で注目されているプレミアムドッグフードです。

しかし、価格帯としては少し高価なため、試してみるかどうかを迷っている飼い主も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では「カナガン」がドッグフードづくりにおいて掲げている高い理想とポリシーや、製品の成分に関する詳細情報と製品ラインナップ、それから、実際に「カナガン」を愛犬に与えてみた愛犬家のレビューなどを紹介します。

グレインフリーで最高品質のドッグフードづくりを目指して設立された「カナガン」

イギリスで「カナガン」を設立したエディ氏は、ペットショップ経営からドッグフードメーカー勤務を経験した人物です。

その過程で、コスト削減を目的に粗悪な原材料を使用してドッグフードが作られている現状を知った彼は、「本当に高品質なドッグフードを作りたい」と考えるようになりました。

そして、20年以上も世界中に足を運んでドッグフードを研究した結果、「愛犬の健康維持に最も効果的な食事とはグレインフリー(穀物を使わないこと)である」と確信したのです。

ちなみに、エディ氏は自らもグレインフリーの食生活を実践し、健康への良い効果を実感しているといいます。

 

それから、ドッグフードに使われているすべての原材料が「ヒューマングレード」、つまり、人間が食べられる鮮度と品質であることも、「カナガン」のこだわりです。

また、品質管理上、実店舗販売は行わず、インターネット通販限定で販売を行っています。加えて、「カナガン」ではドッグフードだけでなくキャットフードも同じポリシーに基づいて開発し、販売しています。

「カナガン」の商品ラインナップ

「カナガン」のドッグフードは、すべての犬種・すべてのライフステージの犬に与えられる配合で設計されていることも特徴です。

たとえば、体の基礎が作られる子犬の時期にたっぷりと与えたい良質なたんぱく質が、他社の子犬用フードと比較してもより多く含まれています。

また、関節強化など健康維持に効果があるとされるグルコサミン、コンドロイチン、サーモンオイルなどの成分も含まれているため、シニア犬に与える食事としても最適です。

つまり、あらゆる犬にとって理想的なドッグフードとして作られているため、犬種別・年齢別などの商品展開は行っていません。

「カナガン」のドッグフードのラインナップはドライフードとウェットフード、それから、おやつがそれぞれ1種類となっています。また、各商品の容量も、それぞれ1種類のみです。

 

まず、ドライフードの「カナガン チキン」は2キロ入りが4500円くらいで販売されています。そして、ウェットフードの「カナガンドッグフード チキン ウェットタイプ」は400グラム入りの缶詰が3缶単位で販売されており、お値段は3500円程度です。

また、「カナガン ドッグビスケット サーモン」は、フードとの栄養バランスを考えて設計された犬用おやつで、150グラム入り(約125粒)が2000円くらいで購入できます。確かに、ほかのドッグフードと比べたら少し高価だと感じるかもしれません。

ところが、「カナガン」の輸入販売総代理店である株式会社レティシアンのホームページから定期購入を利用すれば、10%から最大20%の割引を受けることが可能になるのです。

それに、注文内容やお届け周期はいつでも変更できるので、一度に大量に届きすぎることもなく、いつでも新鮮なフードを愛犬に与えられるでしょう。

「カナガン」のドッグフードの特徴は?ヒューマングレードの新鮮な原材料を使用し、穀物や人工添加物フリー

安価なドッグフードにおいては、ボリュームを増やすためにトウモロコシなどの穀物が使われているケースがよくあります。

しかし、「カナガン」のドッグフードはグレインフリーをポリシーとしており、穀物をまったく使用していません。

加えて、人間が食べられるほど新鮮で品質の高い原材料を厳選して使用し、愛犬の健康維持に最適なバランスで配合されています。

 

まず、ドライフード「カナガン チキン」では、ストレスを与えないように飼育された高級地鶏の生肉と乾燥肉が、フード全体の51%を構成しています(骨抜きチキン生肉26%+乾燥チキン25%)。

次に、ゆっくりと消化吸収されて消化率の高い食材であるサツマイモを配合することにより、腹持ちの良さを実現しました。

それから、ビタミンを含むエンドウ豆やニンジン、リンゴやホウレン草、ジャガイモを使っているのも「カナガン」のユニークな点です。また、海藻も栄養価の高さや愛犬の健康維持に効果的なミネラルを含む成分として使われています。

ほかには、健康に役立つハーブを使用していることも「カナガン」の個性です。

具体的には、免疫力を維持するマリーゴールド、尿のpH値を適切にコントロールするクランベリー、そして、皮膚の健康維持に役立つカモミールが配合されています。

また、人工保存料は使用しておらず、代わりに使用されている成分がビタミンE混合物であるミックストコフェロールです。

 

一方、「カナガンドッグフード チキン ウェットタイプ」では、骨抜きチキン生肉が全成分の65%を占めるほか、パセリ・ユッカ・ローズヒップ・ローズマリーなど、さらに多種類のハーブが配合されています。

 

そして、「カナガンドッグフード ビスケット サーモン」の構成成分は、乾燥サーモン40%以上に加えて、ひよこ豆(25%)・サツマイモ(21%)です。

さらに、グルコサミン・メチルスルフォニルメタン・コンドロイチンなどの健康成分が、1キロ当たり1000ミリグラム配合されています。また、カロリーが控えめのため、肥満傾向にある愛犬に与えるときも安心です。

それから、サクサクとした歯ごたえによって歯石除去の効果も期待できます。そのほか、手で割りやすい硬さのため、食事として与えるフードの食いつきをうながすためのトッピングとしても使用できます。

 

ところで、一日に与えるのに適当なフードの量は犬種や年齢によって異なります。

「カナガン」の各商品には参考給与量が記載されていますが、それは必要カロリーをやや少な目に設定して計算した数値のため、愛犬の様子をみながら調整したほうが良いでしょう。

調整する際は便の状態を観察し、最も健康的な状態(耳たぶくらいの固さ)と適度な量の便が出たときの給与量を最適な量と判断します。

 

それから、「カナガン」の製品には人工保存料を使用していないため、保存する際には注意しましょう。開封前であれば高温多湿を避けた場所で常温保存が可能ですが、開封後は3カ月を目安に使い切るほうが安心です。

また、使い切る前にフードが酸化してしまわないか気になる場合は、ファスナー付きのビニール袋などの密閉容器に小分けにして保存する方法が推奨されています。

愛犬家も高く評価!食いつきが良く、健康状態も改善されたという声が多数

「カナガン」のフードを購入した愛犬家の口コミでは、「食いつきがとても良い」というコメントが目立ちます。食の細い犬や偏食の犬でも「カナガン」ならよく食べてくれるようです。

また、ドライフードは小粒のため、「子犬や小型犬種に最適」という意見も多くみられました。そのほか、「便の状態や臭いが改善された」、「毛並みが良くなった」、「腹持ちが良いのでおやつがいらなくなった」という人もいます。

愛犬の健康と長寿のために選んであげたいプレミアムドッグフード「カナガン」

「カナガン」のドッグフードは、愛犬の健康管理を最優先に設計されており、世界中の愛犬家から高く評価されています。

また、「カナガン」の主な特徴は「グレインフリー(穀物不使用)」と「ヒューマングレードの鮮度と品質を備えた原材料を使用」の2点です。加えて、健康維持に効果的なビタミンやミネラル、ハーブも配合されています。

それに、人工添加物を使っていないため、安心して愛犬に与えることが可能です。大切な家族である愛犬にずっと元気で長生きしてもらうためにも、最高級ドッグフードである「カナガン」を試してみてはいかがでしょうか。