全犬種用? 犬種別? ドッグフード、どちらがいいの?

ドッグフードには犬種ごとにたくさんの種類があります。飼い主さんの中には、全犬種用と犬種別のどちらが良いのか迷う方も多いのではないでしょうか。

ここでは、これらのドッグフードにどのような違いや効果があるのかを簡単にご紹介します。

ひとめでわかる違いは「粒の大きさや形」

「犬」と言っても、超小型犬から超大型犬まで身体の大きさはさまざま。

小型犬に大粒のドッグフードを与えてしまうと食べにくくてストレスが溜まり、場合によっては全く食べなくなってしまうことがあります。逆に、大型犬に小粒のドッグフードを与えてしまうと、噛まずに丸呑みして「胃捻転」を起こす恐れも。

また、小型犬は体重当たりの必要カロリーが多いため、小型犬用のドッグフードを大型犬に与えると栄養過多になってしまいます。

メーカーによって定義の違いがありますが、小型犬は7~10ミリ程度、大型犬は15~20ミリ程度がおすすめです。

そして、犬種別ドッグフードでは大きさの他にも犬種ごとの食べやすい形、硬さを追求しているものも多いため偏食ぎみの犬に与えると食いつきが良くなる場合もあります。

見た目ではわからない「栄養素」の違い

例えば、室内で過ごす時間が長くなる小型犬は運動不足になりがちなため、小型犬用のドッグフードではカロリーを控えめにし、肥満を予防する効果があります。

また、室内で快適に飼えるよう尿や便の臭いを抑える成分が入っているものもあります。

犬種ごとの必要栄養素

どの犬種でも必要な栄養素に大きな差はありませんが、各犬種ごとにかかりやすい病気はあります。

犬種別ドッグフードには病気の予防効果の期待できる栄養素やサプリメントのような成分を配合されているものもあります。

ダックスやコーギーなどの胴の長い犬種

ダックスフントやウェルシュ・コーギーは胴が長く足が短い体型により足腰の関節に負担がかかりやすく、年齢が高くなるにつれて関節の軟骨がすり減り、強い痛みを感じるようになることも。

これらの犬種用のドッグフードには将来的な関節痛などの予防のために、関節を強化する効果のあるグルコサミンやコンドロイチンが配合されています。

さらに、足腰への負担の増える「肥満」は厳禁なため、低カロリーに設定されていることが多いようです。

チワワやパピヨンなどの超小型犬

チワワやパピヨン、ヨークシャー・テリアなどは非常に骨が細く、ソファから飛び降りただけで骨折してしまうことも。

そこで、これらの犬種専用のドッグフードには将来的な骨折のリスクを引き下げるため、カルシウムやリンなどの骨を丈夫にするための栄養素が豊富に配合されています。

トイ・プードルなどの被毛の重要な犬種

トイ・プードルは筋肉質な体と伸び続ける被毛の健康を維持するため、十分なタンパク質を与えることが重要です。また、皮脂の分泌が少なく乾燥しやすい犬種のため、保湿を促す栄養素も必要です。

柴犬などの活発な犬種

柴犬は運動量が多く、筋肉質で活発な犬種のため運動が足りないと太りやすい傾向にあります。運動が難しい場合は筋肉量を維持し、体重を管理するドッグフードを与えることが重要です。

また、毛並みや毛色のコントラストを保つためにアミノ酸を含むタンパク質を与えることも大切で、毛艶の維持には適切な量の脂肪酸も必要です。

脂肪酸が不足すると毛がパサパサしたり、反対にべたついたりすることもあります。

心臓の弱いキャバリア

キャバリアは生まれつき心臓が弱い場合が多いため配慮が必要です。

キャバリア用のドッグフードには、心臓の健康維持に必要な栄養素(ミネラル、EPA・DHA、タウリン、L-カルニチン、複数の抗酸化成分)を配合されたものが主流です。

また、心臓や関節に負担をかける「肥満」も厳禁のため高タンパク低炭水化物のドッグフードが多いようです。

犬種別ドッグフードのことご存知でしたか?

基本的に、全犬種用のドッグフードを与えていて大きな問題が起こることはありません。

ただし、犬種別のドッグフードは犬種ごとの弱い部分を補うよう、栄養上の特徴や機能性の高い原材料を厳選した専用のドッグフードです。

このような成分は、サプリメントとしておやつに配合されているものも販売されているため、まずは全犬種用のドッグフードに加えて与える方法もあります。

ドッグフードを切り替える際は、いっきに変えて犬のストレスとならないよう、少しずつ様子を見ながら変えてあげてくださいね。

意外と知らないドッグフードの切り替え