独自製法で生肉使用量が90%以上!健康志向の高級ドッグフード「ジウィピーク」とは

愛犬のドッグフードを選ぶときに気になるのが「どんな食材で作られているのか」ですよね。安いドッグフードにはよくわからない原材料が多く使われている場合もあり、飼い主として心配になる人も多いのではないでしょうか。

そんな人にピッタリなのが原材料に厳選された生肉を90%以上使っているプレミアムドッグフードの「ジウィピーク」です。今回は、ジウィピークの原材料や成分、主なラインナップと口コミについて解説していきます。

ジウィピークってどんなブランド?

ジウィピークはニュージーランドのドッグフードメーカー「ZIWI(ジウィ)」が製造しているエアドライフード及び缶フードの最上級シリーズのことです。

ZIWIがドッグフードを作るうえでポリシーとしているのが「ニュージーランド産の天然素材をそのままドッグフードにすること」です。

主な原材料はニュージーランドの広大な大地で育ったラム(子羊)・ベニソン(日本でいうところのシカ)・グラスフェッドビーフ(牧草牛)になります。

特に、ニュージーランドは人口よりも羊の飼育頭数が多いほど、世界的なラム肉の生産地です。高品質なラム肉は高たんぱくかつ良質な脂肪分を多く含みます。ラム肉の栄養素は犬の脳や筋肉の働きに必須の栄養素です。

 

こうした良質なラム肉をZIWIでは「エアドライ製法」と呼ばれる独自の製法で加工しています。一般的なドライフードで使われる生肉は短時間で水分が抜けるように高熱処理が行われます。

一方、ZIWIでは低温で長時間かけてゆっくりと水分を抜いていくことで、原材料の栄養素をそのまま摂取できるようにしているのです。

これがエアドライ製法と呼ばれるもので、犬が野生で食べる生肉とほぼ同じような食事が可能になります。その結果、他のドッグフードに比べて圧倒的な消化率の高さを誇ります。

砂糖・塩・グリセリン・防腐剤などの添加物は一切使用していないため、与えた食事の95%以上は消化されるほどです。

ジウィピークは非常に高密度の良質な生肉なので、1回の給仕量は少なくなり、便の量も格段に減ります。「天然素材をそのまま食べて欲しい」という一貫した姿勢がすべての製品に行き渡っているのがジウィピークです。

ジウィピークの主な製品ラインナップ

ZIWIには主に4つの製品ラインナップがあります。その4つとは「エアドライ・ドッグフード」「エアドライ・ドッグフードトリーツ」「ドッグ缶」「オーラルヘルスケア・デンタルチュー」です。

 

エアドライ・ドッグフードはZIWI独自のエアドライ製法で作られたプレミアムドッグフードです。「野生の獲物をそのまま食べる」というコンセプトで作られているため、原材料の98%は生肉・内臓・魚・緑イ貝でできています。

フレーバーは「ベニソン」「ラム」「グラスフェッドビーフ」「マッカロー&ラム」「トライプ&ラム」「フリーレンジチキン」の6種類です。

 

次に、エアドライ・ドッグフードトリーツはエアドライ・ドッグフードと同じレシピで作られた総合栄養補助食品になります。主食となるドッグフードの足りない栄養素を補助する目的で作られている無添加のおやつです。

1日に必要な栄養を満遍なく与えることができ、愛犬の健康な皮膚と被毛、口臭の軽減などに役立ちます。

 

そして、ドッグ缶は「便が固い」「老犬で固い食事が難しい」というような犬向けの水分量の多いドッグフードです。使用している原材料はエアドライ・ドッグフードと同じですが、エアドライ製法は使用していません。

新鮮な生肉や魚を殺菌処理後、缶詰に封入して出荷しています。水分を多く含むため便を柔らかくしたり、老犬にも食べやすいのがドッグ缶詰です。

 

最後に、オーラルケア・デンタルチューはニュージーランドの広大な自然で放牧されている鹿のひづめを燻製し乾燥させた天然のオーラルケアおやつです。

天然の鹿のひづめをそのまま乾燥させているので、保存料や着色料、塩、砂糖などの添加物は一切使用していません。愛犬の歯石除去や歯石の沈着を抑える効果が期待できます。

ジウィピークに含まれる主な原材料と保存方法

ZIWIのドッグフードに使用されている主な原材料は「ベニソン」「ラム」「グラスフェッドビーフ」などの肉類です。

ベニソンは日本でいうところの鹿のような動物で、赤身の高たんぱく低脂質の肉質を持っています。ベニソンは犬の関節機能を維持するのに必要なコンドロイチンやグルコサミンを多く含む結合組織をたくさん持っており、長期的な健康維持に役立ちます。

また、グラスフェッドビーフはニュージーランドの自然豊かな牧草地で育った牧草牛です。ニュージーランドは牛の出荷に関して非常に厳しい衛生基準を設けており、国家全体でBSE(狂牛病)などの防疫措置・検疫規制が行われています。

グラス(牧草)で育った牛は栄養面に関しても非常に優秀です。グレインフェッドビーフ(穀物で育てられた牛)に比べて低脂肪かつβカロチン・ビタミンE・ビタミンB群が豊富という研究結果が出ています。

ZIWIではエアドライ製法が取られているため、こうした非常に良質な栄養素をそのまま愛犬に与えることが可能です。

 

ZIWIのドッグフードはそのほとんどが生肉ですが、その他にも「マッカロー(日本でいうサバ)」や「緑イ貝」などの魚介類に、「グリーントライプ」「チコリ」「パセリ」などの野菜も含まれています。

ニュージーランド近海で獲れるマッカローは天然のオメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸を多く含み、愛犬の血液をサラサラにする効果があるとされています。

また、世界で唯一、ニュージーランドでしか取れない緑イ貝は、関節機能を高めるコンドロイチンやグルコサミン、オメガ3・オメガ6脂肪酸を豊富に含んでいます。これらの厳選された原材料を栄養素を損なうことなく製品にしたのがジウィピークです。

 

また、ジウィピークの保存方法は基本的に直射日光の当たらない冷暗所での保管になります。ドッグフード缶に関しては、開封後はできるだけ早めに与えましょう。

開封後の保存は雑菌がわく可能性があるため、できるだけ避けます。1日で食べきれるように与えるのがポイントです。

ジウィピークを実際に購入した人の口コミや評判

ジウィピークのドッグフードを実際に愛犬に食べさせた人の口コミや評判で良い意見として一番多かったのは「便が少なくなった」「体調が良くなった」「食いつきが良くなった」という点です。

ジウィピークのドッグフードには添加物が一切含まれておらず、犬にとっては純粋な生肉を食べているのとほぼ同じ食事になります。犬は本来肉食動物であり、進化の過程で雑食になった動物です。

したがって、基本的に消化器官は動物の肉を消化するのに適した器官であり、穀物や野菜など食物繊維が多い食材を分解するのは苦手になります。

 

この点、製品の98%が生肉であるジウィピークを食べると、ほとんどの栄養素を吸収できるため自然と便が少なくなるのです。さらに、不要な添加物でカロリーを取ることもないため、より健康的な食事になります。

1回の食事で取れる栄養バランスもしっかりと整っているため、「ジウィピークにしてから元気になった」「食いつきが良くなった」という口コミが多数上がっているようです。

 

一方、悪い意見としては「価格が高い」という点が目立ちました。購入する場所やお店にもよりますが、ジウィピークは1kg当たり6000円前後とかなり価格が高いドッグフードになります。

プレミアムドッグフードの中でも最高級の部類に入るドッグフードなので、多頭飼いしている家や大型犬を飼っている家では犬のエサ代がかなり高くなってしまいます。

原材料と製法にこだわっている分、価格が高いのは仕方ないともいえますが、「愛犬のエサにはお金をかけたい」という人向けのドッグフードといえるでしょう。

愛犬によりよいドッグフードを与えたいならジウィピークは最適!

ZIWIは原材料の育成から製品の加工まで一貫して高品質なドッグフード作りを徹底している会社です。

ドッグフードにも数多くの種類がありますが、「生肉をそのまま食べさせる」というコンセプトのドッグフードはジウィピークだけでしょう。

その分、価格は高くなりますが「無添加で安心できるドッグフードを与えたい」「原材料にこだわった製品がいい」と考えている飼い主には最適なドッグフードです。

いつまでも愛犬に健康でいて欲しいと願う飼い主の希望を叶えるドッグフードがジウィピークになります。