犬に、人間が食べる果物を与えてもいいのでしょうか

愛犬と一緒に果物を食べたい、と思うこともありますね。自分が食べている時、わんちゃんに見つめられるとあげたくなります。

でも、ご存じの通り人間の食べ物をむやみに与えるのは考えもの。ここでは、わんちゃんに与えられる果物と、ダメな果物について書いてみます。

命にかかわりますから、大事なことですよね。

犬に果物は与えてもいいの?

人間にとってはビタミンも豊富と栄養価が高く、身体によいイメージの果物ですが、糖分も多いんですよね。

そのため、わんちゃんには積極的には与えない方がいいんです。

「なかには与えても大丈夫な果物もある」

くらいに思っておいた方がいいですよね。

犬が食べても大丈夫な果物

犬が食べてもよい果物は、ベータカロチンが豊富で抗酸化作用が期待できる柿、水分補給に良いとされる梨、犬用ケーキにも使用されることが多いイチゴなど。

バナナや、リンゴも与えても大丈夫です。

ただ、それぞれに与え方の注意点もあります。たとえばバナナは高カロリーなので与えすぎには注意が必要です。

梨やリンゴは固く、水分で溶けないので喉や気管に詰まりやすいですから、小さく刻んで与えます。

皮やタネは消化しづらいので、必ず取り除いてあげるようにしましょう。

甘い果実はわんちゃんも喜び、もっと欲しいとおねだりされるかもしれませんが、ほんの少しのおやつにしておくのが無難ですね。

食べさせないほうが良い果物

アレルギーに注意が必要な果物もあります。

マンゴーはアレルギーが出やすい果物なので、与えるのは控えたいですね。

また、桃の種には毒性の強い成分が含まれています。桃じたい、カロリーが高いのであまり積極的には与えたくない果物ですから、これも控えておいた方がいいですね。

糖分が多いメロンや桃は、肥満にもつながります。

絶対に与えてはいけない果物

嘔吐や下痢、胃腸障害を起こす危険性のある果物もあります。

ブドウ、レーズン、プルーンなどがそれ。大量に摂取すると、命に関わる危険性があります。

またグレープフルーツやレモン、アボカドは中毒症状を起こすことも。

誤って愛犬が食べてしまったときは、すぐにかかりつけの動物病院の先生に電話をして相談することをおすすめします。

 

もうひとつ、注意が必要なことがあります。

食べさせても良い果物でも、缶詰やドライフルーツは話が別ということです。

缶詰されたり、ドライフルーツになって果物は糖分が多くなっています。肥満につながりますし、思わぬ自体を招く可能性もあります。

例えば、生の柿は与えてもよいですが、干し柿は糖質が多くなりますので与えないことですね。

与えるときは量にも注意

このように、果物はできれば与えない方がよいものです。それだけに、与える場合は量に注意が必要です。

一例ですが、体重5kg程度の小型犬なら、1日の摂取量の目安は

柿は15g、梨は20g、イチゴは20g、バナナは10g、リンゴは10gです。

だいたい、人間が食べるひと口分ですね。もちろん、犬種にもよります。

また、当たり前のことですが欲しがらなければ与える必要はありません。犬にも嗜好がありますからね。

犬用に作られたスイーツはOK

愛犬の誕生日ケーキなどで人気のある犬用スイーツは、糖分を抑えてあります。

果物が入っていても、ちゃんと考えられているので安心して与えられます。

カロリー計算もされているため、表記の量を守って与えればカロリーオーバーを防ぐこともできます。

この犬用スイーツはペットショップだけでなく、インターネットでも注文できます。

人間用のスイーツは愛犬には毒と考えた方がいいですから、わんちゃんに与えるならわんちゃん用のものを用意してあげる方が良いですね。