犬に生肉を与えるメリットと注意点

犬に生肉を与えてもいいか。

ワンちゃんは肉が好きですよね。祖先はオオカミですし、狩猟に使われていた犬種が多いことからも、他の動物を仕留めて食べる習性があることはわかります。

しかし、好きだからといって人間用に売られている肉を生で与えてもいいものか?と悩む場合もあります。

犬に生肉を与えるメリットや注意すべき点などがあるものなのでしょうか。

そもそも犬に生肉は与えて大丈夫?

犬に生肉を与えることに問題はありません。

歯並びを見ても、牛などの草食動物とは違い、合計で4本ある犬歯が象徴するように、犬の歯の多くは鋭くとがっています。

これは、犬の歯が肉を引き裂くのに適していることを示していますよね。

 

また、牛の腸はおよそ40mの長さがあります。細胞壁に覆われた植物を消化するためには、それだけの長さが必要なのだろうと考えられているそうです。

一方で、犬の腸の長さは3mほどしかありません。これも、肉の消化のしやすさに合わせた結果といえそうですね。

人間に飼われてペットフードを食べるようになっても、犬にはこうした特徴が消えることなく残っています。

そのため、犬に生肉を与えることには問題はなく、むしろ体の構造にかなった適切な食事だといえそうです。

 

犬の主要なエネルギー源は動物性タンパク質です。

それを消化するために必要な消化酵素が、犬の消化液には多く含まれています。

さらに犬の胃においては、生肉や骨を分解できるように人間より20倍強力な胃酸が分泌されています。

犬に生肉を与えるメリットは?

犬に生肉を与えるメリットは体の構造からして消化しやすい。つまり効率よく栄養素を吸収できる、ということがいえますね。

生肉には酵素やミネラル、ビタミンなどが豊富に含まれていて、さらに生肉に含まれる酵素が健康に役立ってくれると期待もできます。

 

また、生肉を与えることで肥満解消効果が期待できるという側面もあります。

栄養分の吸収率が高いということは代謝効率がよいということであり、脂肪として体内に蓄積される部分が少ないことを意味しています。

一方、ドライフードは糖質や穀物を含んでいることが多く、肥満につながる可能性が生肉よりも高いのです。

犬が肥満気味だと思ったら、生肉を与えてカロリーを調整してあげるなどの対策を行うと効果的でしょう。

生で与えても大丈夫な肉類とは?

犬に生肉を与えるのがおすすめだということはここまで説明してきたとおりですが、どんな種類の肉でも与えていいというわけではありません。

犬に生肉を与えるときは、なるべく安全性の高いものを選ぶ必要があります。

まず、安全な肉の代表格ともいえるのが馬肉です。馬は豚や牛よりも体温が4~5度ほど高いので寄生虫がつきにくく、馬肉は清浄肉とも呼ばれています。

人間でも馬刺しとして生で食べられることからも、その安全性の高さがうかがえますよね。

さらに、豚や牛の肉と比べて2倍以上のタンパク質が含まれており、栄養素も豊富です。

このように、馬肉は犬に与えるにはうってつけの生肉だといえるでしょう。

 

また、鹿肉も犬に与えるのに適している生肉です。

鹿肉にはDHAが多く含まれているため、脳の活性化や視力の回復などの効果が期待できるでしょう。

さらに、欠乏しやすいミネラルである鉄分や、体重管理に効果的なビタミンB2も鹿肉には多く含まれています。

そして、豚や牛と異なり、自然界で育っている鹿は有害物質が体内に残っている可能性が低いといえます。

そのため、犬がアレルギー症状を引き起こす心配もあまりありません。

馬肉や鹿肉の他にも、生で与えるのにおすすめの肉類としては鶏肉やラム肉などがあります。

生肉を与える場合の注意点

まず、加熱処理を前提に市販されている肉には寄生虫のおそれが少しですが、あります。

必ず犬用に処理された肉を与えましょう。また、雑菌が繁殖してしまう恐れがあるので、保管には十分配慮して。

新鮮な状態で食べさせてあげたいのは、言うまでもないですよね。

 

特に気をつけなければならないのが豚肉です。

生の豚肉は絶対に与えないでください。

ブタヘルペスウイルスやマイコプラズマ菌など、豚に寄生する虫や細菌は数多くいます。

これらは豚の内臓だけでなく、筋肉にも存在しています。つまり、たとえ精肉であっても寄生虫などがいる可能性はあるということです。

万が一、生の豚肉を通して寄生虫などに感染してしまうと、下痢程度では済まないようなケースも起こり得ます。

たとえば、旋毛虫やサナダムシに寄生されれば、最悪の場合は死にいたります。そうならないためにも、犬に生の豚肉は絶対に与えないようにしましょう。

生肉を与える必要性を考えてみる

犬に生肉を与えることには、肥満の予防や免疫力の向上など、さまざまなメリットがあります。

しかし生である以上、加工されたものよりも気を遣うべき点があるのも事実。

鹿肉や馬肉を与え続けるのはコストがかかりすぎますし、ムリする必要はありませんよね。

たまのごちそうとして、犬用に処理された安全なものを専門店で購入して与えるのが良いのかなと思います。