ドッグフードの「グレインフリー」を理解する

そもそもグレインフリーって何?

グレインフリーとは、穀物不使用という意味です。

グレインとは「穀物」のことで、小麦やとうもろこし、米などの穀物類全般を指しています。それら全て原材料に使われていないことをグレインフリーといいます。

似た言葉にグルテンフリーがあります。

グルテンとは、穀物から生成されたたんぱく質のことです。グレインフリーは穀物不使用なので必然的にグルテンフリーでもあります。

 

穀物の消化は犬からすれば負担がかかる

犬はもともと肉食動物で、消化器官は肉類の消化に適しています。穀物の消化には、対応する酵素が体内に少なく負担がかかります。

穀物消化による負担が継続的にかかると穀物アレルギーを発症してしまう恐れがあります。

ちなみに、チワワやダックスフント、フレンチブルドッグは、穀物アレルギーを起こしやすい犬種として知られています。

自分の犬が穀物アレルギーかどうか判断したい

「ドッグフードを頻繁に吐き戻す」「下痢が続く」「湿疹などの皮膚トラブル」などの症状が出る場合、穀物アレルギーを発症している可能性があります。

心当たりがあるなら、できるだけ早く動物病院で検査をしてもらいましょう。

 

グレインフリーのドッグフードの良いところ、微妙なところ

良いところ

良いところは、「穀物アレルギーの犬に配慮できる」「消化しやすい」という点です。

犬は人間のように穀物を消化できないので、アレルギーじゃなくても消化器官が弱い犬ならグレインフリーを検討すると良いと思います。

微妙なところ

微妙なところは、ドッグフードの価格が割高な点です。原材料に穀物を使えない分、ほかの原材料で栄養や腹持ち、ボリュームをアップさせなければなりません。

消化に適している肉類が代わりに使われることが多いのですが、穀物に比べてコストがかかるため商品価格が割高になることが多いようです。

 

本当にグレインフリーは必要か?

穀物を使っていないグレインフリーのドッグフードは、健康上メリットが多いように見えます。それに大きな間違いはないのですが、グレインフリーさえ与えておけば安心とは限りません。

愛犬にアレルギー症状が出ていると感じたら、ドッグフードを変える前に、まずは獣医師の診断を受けましょう。アレルギーの原因が、穀物以外にあるかもしれません。

原因を突き止め、正しい対処をしてあげることが何より大切です。そのうえで、ペットの健康管理に必要であればグレインフリーを選ぶようにしましょう。