知っておきたい!危険なドッグフードって?

ドッグフードは、さまざまなメーカーから多くの種類が発売されています。

使われている原材料も多種多様。何を基準にえらべばいいのか、わからなくなりますね。

ドッグフードは犬が毎日食べるもの。上質で安全なものを選ぶことが原則です。

ドッグフードの原材料表記に注意

気にしすぎはいけませんが、最低限気をつけたい点はありますよね。

 

まずチェックするのは原産国です。食品を買うときには、安全性を考えて国産のものを選ぶようにしている、という人も多そう。

しかし、ペットフードに関しては「国産品が一番安全で優れている」とは言い切れないのです。

 

日本では2009年に「ペットフード安全法」が制定され、定められた成分・規格・製造方法に合わないペットフードの製造や販売が禁止されるようになりました。

それまではペットフードに関する法律がなかったのです。怖いですね~(笑)

この法律では、添加物の上限値なども定められました。しかし、それでもペットフードは「雑貨」という扱いで、食品ではないんですよね。

そのため、人間の食品には入れられない原材料や添加物を入れて製造することが可能なのです。

 

ドッグフードに関する基準は国によってまちまちです。

たとえば、ヨーロッパではFEDIAF(European Pet Food Industry/欧州ペットフード工業連合会)がペットフードの製造に関するガイドラインを発行しています。

ヨーロッパ製のドッグフードであれば、FEDIAFの認定を受けているかどうかが、選ぶ場合のポイントになります。

さらにFEDIAFでは、ペットフードはヒューマングレード(人間が食べられるもの)を原材料にして作らなくてはいけないという決まりがあります。

そう考えると、厳しい基準がない日本製のものより、安心できそうな感じがしますよね。

 

アメリカにはAAFCO(Association of American Feed Control Official/アメリカ飼料検査官協会)というペットフードの栄養基準を定めた協会があります。

日本のペットフード公正取引協議会の規約でも、AAFCOの栄養基準を採用しています。

さらに、FDA(Food and Drug Administration/アメリカ食品医薬品庁)により、動物福祉の観点からペットフードやペット用医薬品も人と同じように管理され、問題の起きたペットフードがリコールされることも。

 

欧米ではこのように、ペットが食べるものについても厳しい基準が設けられています。

日本は、ペットの権利や福祉に関して、欧米に後れを取っていると言わざるを得ません。

そういったことを考えて、フードを選びたいところです。

 

次に必ずチェックしたいのは原材料。

どのようなものが栄養素として配合されているのかといった点を確認したいです。

 

また、カロリーや脂質といった栄養素の数値も要チェック。肥満の犬や持病のある犬に与える場合は特に重要です。

 

アレルゲン(アレルギー反応を起こすもの)の有無もまた、大切ですし、添加物の確認もしておきたいですね。

こんなドッグフードには注意

実際には、どんなことに気をつけて選んだらいいものでしょうか。

 

まず、原材料を確認したときに、内容が分かりにくいものは避けるべきです。

「肉類(チキン等)」など、省略されている部分が多いものは、消費者には何が使われているのか想像もつきません。

「◯◯ミール」「◯◯パウダー」など、どのような原材料を使用しているのか不明な副産物が多く含まれているものも避けたいですね。

 

次に、添加物の多さです。ペットフード安全法では添加物の名称のほか、それをどのような目的で使用しているかもわかるように併記することになっています。

添加物は、種類と成分、そして添加されている目的をしっかりと確認すべきです。

 

また、インターネット上の口コミは非常に参考になります。犬を愛する人にとって、ドッグフードは自分の食事よりも大切だという人もいることでしょう。

なるべく多くの口コミを集め、比較検討の材料にしましょう。

天然由来の添加物なら安心

添加物には天然由来のものもたくさんあります。

添加物はゼロであるに越したことはありませんが、現実的にはなかなか難しいもの。

ドッグフードは天然由来の添加物が使われているものを選びたいですね。たとえば次のようなものなら、安心と思えます。

 

「カンゾウ抽出物」は、マメ科のカンゾウの根などから抽出される天然の甘味料です。カンゾウは漢方薬の原材料としても使われる植物です。

砂糖の約200倍という甘みがあり、さらに塩味を和らげる効果もあります。佃煮や漬物などに使用されています。

 

「ステビア末」や「ステビア抽出物」は、キク科ステビアの葉から得られる天然の甘味料です。カロリーは砂糖と同等ですが、砂糖の約300倍の甘さがあるため、使用量を抑えられることから、カロリー低減の目的でも使われます。

 

「ウコン色素」はショウガ科のウコンの根から抽出される黄色系の色素です。カレー粉の黄色の色素でもあります。

 

「クチナシ色素」はアカネ科のクチナシという植物の果実から抽出される色素で、黄色・赤色・青色と豊富な色を出せることが特徴です。和菓子、ゼリーなどの冷菓、栗きんとん、漬物などに広く使われています。

 

「ビートレッド」はアカザ科のビートという植物の根から抽出される赤色系の色素です。ビートは薬草としても知られています。

 

「ラック色素」はイガラムシ科のラックカイガラムシという虫の分泌物から抽出される赤色系の色素です。ラックカイガラムシは、中国、インド、タイなどの東南アジアに分布しています。中国では古代より使用されてきた色素です。

 

大切な愛犬の健康を守るためには、こういった天然由来の添加物が使われているドッグフードを選びたいものです。

ただし、犬の体質によっては合わない場合もあるため、すべての犬にとって絶対に安全というわけではありません。

ドッグフードを与える際には、与えた後の健康状態などを十分に観察して、愛犬に合っているかどうかをしっかりと見極めましょう。