知っておきたい!ドッグフードの危険な原材料

ドッグフードは、さまざまなメーカーから多くの種類が発売されています。使われている原材料なども多様で、そのため「何を基準に選べば良いのかわからない」という人もいることでしょう。

ドッグフードは犬が毎日食べる総合栄養食であり、健康のためには上質で安全なものを選ぶことが大切です。ドッグフードを選ぶときに知っておきたい危険な原材料や添加物について解説します。

ドッグフードの原材料表記に注意

はじめに、ドッグフードを購入する際に気をつけたいポイントを順に紹介していきます。

 

まずチェックするのは原産国です。食品を買うときには、安全性などの理由から国産のものを選ぶようにしているという人も多いのではないでしょうか。しかし、ペットフードに関しては「国産品が一番安全で優れている」とは言い切れないのです。

 

日本では2009年に「ペットフード安全法」が制定され、定められた成分・規格・製造方法に合わないペットフードの製造や販売が禁止されるようになりました。それまではペットフードに関する法律がなかったのです。

この法律では、添加物の上限値なども定められました。しかし、この法律でもペットフードは「雑貨」という扱いで、食品ではありません。そのため、人間の食品には入れられない原材料や添加物を入れて製造することが可能なのです。

 

ドッグフードに関する基準は国によってまちまちです。たとえば、ヨーロッパではFEDIAF(European Pet Food Industry/欧州ペットフード工業連合会)がペットフードの製造に関するガイドラインを発行しています。

ヨーロッパ製のドッグフードであれば、FEDIAFの認定を受けていることが安全の基準となるでしょう。さらに、FEDIAFでは、ペットフードはヒューマングレード(人間が食べられるもの)を原材料にして作らなくてはいけないという決まりがあります。

 

また、アメリカにはAAFCO(Association of American Feed Control Official/アメリカ飼料検査官協会)というペットフードの栄養基準を定めた協会があります。日本のペットフード公正取引協議会の規約でも、AAFCOの栄養基準を採用しています。

さらに、FDA(Food and Drug Administration/アメリカ食品医薬品庁)により、動物福祉の観点からペットフードやペット用医薬品も人と同じように管理され、問題の起きたペットフードがリコールされることも珍しくありません。

 

欧米ではこのように、ペットが食べるものについても厳しい基準が設けられています。日本は、ペットの権利や福祉に関しては欧米に後れを取っているともいえるのが現状です。

 

さらに、日本の法律では、ペットフードを最終的に加工した場所が原産国となります。たとえば、ドライタイプのドッグフードであれば、犬が口にする形に最終的に加工した場所が原産国です。

そのため、原材料の生産地が中国であったとしても、日本で最終的な加工を行えば、原産国は「日本」と表記されます。パッケージの表記から原材料の生産地を知ることはできません。

 

次に必ずチェックしたいのは原材料です。どのようなものが栄養素として配合されているのかといった点を確認しましょう。どういった原材料が犬にとって良くないのかは、このあとに紹介していきます。

 

3つめはカロリーや脂質といった栄養素の数値です。なかでも、肥満の犬や持病のある犬の場合はきちんと確認をして、愛犬に合ったものを選びたいですね。

 

4つめはアレルゲン(アレルギー反応を起こすもの)の有無です。アレルギー体質の犬の場合は絶対に食べさせてはいけないものとなるため、特に注意する必要があります。

 

最後に添加物の確認です。甘味料、着色料、酸化防止剤などが挙げられます。こういった添加物の危険性については、のちほど紹介します。

危険な原材料が使われている理由

日本の「ペットフード安全法」では、ペットフードの名称、賞味期限、原材料名、原産国名、事業者名を日本語で表示することが義務づけられています。

ここでいう原材料名には添加物も含まれています。しかし、これはあくまでも「ペットフードの製造段階で使用した原材料と添加物」のみの話です。つまり、原材料を加工する段階で加えられたものは含んでいません。

 

ここで問題となってくるのが、「キャリーオーバー」です。キャリーオーバーとは「残っているもの」「影響」といった意味で、製造段階に入る前に添加されたものは表示義務がないのです。

こういったことから、原材料名を見るだけでは安全だと判断できないことが多いのです。ドッグフードの原材料には、何らかの形で加工され、その過程で添加物や薬品が入っているものも含んでいます。

なぜこのような危険な原材料が使われているのかを順に解説していきます。

低価格のドッグフードは要注意

ドッグフードを選ぶとき、商品によってずいぶん価格に差があるなと感じたことはないでしょうか。低価格で売られているものには、それなりの理由があります。

 

ドッグフードを低価格にできる大きな要因は、使われている原材料です。原材料が安ければ、そのぶん販売価格を下げることが可能となります。ドッグフードの原材料名は使用量の多い順に並んでいます。

低価格のドッグフードには、とうもろこしやコーングルテンフィード、小麦など、一番目に穀類が記載されているものが少なくありません。

穀物は犬にとって直接的に害のあるものではありませんが、”摂りすぎ”はもっとも大切な栄養素である「動物性タンパク質」が不足してしまう原因ともなります。

 

とうもろこしは消化が悪く、植物質の消化が苦手な犬にとっては便秘の原因となる恐れがあります。

コーングルテンフィードは、とうもろこしから栄養を絞ったあとの副産物であるため、消化のしにくさから考えても犬に与えるメリットは低いと言わざるを得ないのではないでしょうか。

犬がもっとも必要とする栄養素は動物性タンパク質です。しかし、肉や魚は穀物より割高なので、低価格のドッグフードにはたくさん入れることができません。

そこで、食用にすることができない肉や部位など、粗悪な原材料を使って動物性タンパク質の量を増やしている可能性があります。

 

さらに、危険な添加物を使って色をつけたり、食感を良くして食いつきをよくしたりしているものもあります。中には、「安いドッグフードは薬のようなにおいがする」という人もいるほどです。

同じ原材料でも使っている部位が違う

「ペットフード安全法」では原材料を表記することが定められていますが、使われている部位までは知ることができません。

たとえば、同じ「とうもろこし」でも、芯の部分を使っているものもあれば、実の部分を使っている場合もあります。表記が同じでも、製造元によってまったく違う部位を使っている場合もあります。

 

原材料にこだわりを持っているメーカーでは、パッケージやwebサイトで原材料の原産地・使用している部位・配合されている割合などを公開しています。愛犬の健康のためには、そういったメーカーのドッグフードを選ぶと良いでしょう。

〇〇副産物ってなんのこと?

ドッグフードの原材料には、「肉副産物(ミート副産物)」「鶏副産物」など、実際にはどのようなものなのか分からない、あいまいな表記のものがあります。

肉副産物とは、家畜とされた動物の部位のうち、食肉として流通しない部分のことです。たとえば内臓、骨、血管、血液などが挙げられます。さらに、粗悪品の場合は、糞尿や羽などが含まれている場合もあります。

こういった人間の食用にできないものを、ペットに与えたくないと思う人は多いのではないでしょうか。副産物という表記のほかに、「ミートミール」「チキンミール」「チキンオイル」「ビーフ等」などとも書かれています。

これらの副産物は、絶対に危険なものというわけではありませんが、だからといって安全だとも言い切れません。

〇〇ミートの意味を知っておこう

ドッグフードに含まれる肉副産物には、4Dミートと呼ばれるものを使用している場合があります。

4Dとは「Dead」(死んだ動物)、「Dying」(死にかけていた動物)、「Disabled」(障害のある動物)、「Diseased」(病気の動物)という4つの単語の頭文字から取った名称です。

ドッグフードの価格を抑えるために、こういった人間の食用にできない肉を原材料のひとつとして使用している可能性があります。

 

4Dミートは、食肉を生産する際に問題視されるものではありません。家畜の食肉部分以外の部位を加工し、副産物を作る過程で混入されているとして問題になっているのです。

これらの材料が副産物に使われているとすれば、それを材料にして作られたドッグフードに薬品や病原体といったものが残留していることも考えられます。

着色料は色の番号をチェック

ドッグフードには、着色料が含まれている場合があります。着色料には「合成着色料」と「天然着色料」とがあり、合成着色料は安価で鮮やかな色をつけることができるため、低価格のペットフードに含まれていることが多いのです。

合成着色料のうち、タール系色素には「赤色3号」のように、色と数字を組み合わせた名前がついています。タール系色素とは、石油から合成される色素のことを指します。

 

なぜドッグフードに着色料が使われるかというと、それは飼い主(人間)においしそうに見せるためです。そもそも犬は色を見分ける力が低く、ドッグフードの味を見た目で判断しません。

合成着色料であろうと、天然着色料であろうと、本来不要なものなのです。その中でもタール系色素の合成着色料は、発がん性などの有害性が指摘されています。

 

赤色3号をはじめ、現在は12種類が食品添加物に指定されているタール系色素ですが、以前は25種類ありました。しかし、内臓障害や発がん性の疑いなどの理由で次々に使用禁止となったという経歴があります。

現在使用されている合成着色料をくわしく見ていきます。

 

「赤色3号」は別名「エリスロシン」とも呼ばれ、熱に強く、タンパク質と結合しやすいという特徴があります。

日本では食品添加物に使うことができる色素の一つですが、ドイツやアメリカ、ポーランドなどでは食品への使用が禁止されている色素です。染色体異常などを起こす危険性があるともされています。

 

「赤色40号」は別名「アルラレッドAC」とも呼ばれ、酸化や還元に弱いという性質を持つ色素です。清涼飲料水や菓子類、漬け物、ジャムなどに利用されています。アレルギー症状を誘発する危険性があるといわれています。

 

「赤色102号」は別名「ニューコクシン」とも呼ばれています。日本では紅ショウガやソーセージの着色に使われていますが、カナダやベルギー、アメリカなどでは食品への使用が禁止されている色素です。発がん性やアレルギーを引き起こす危険性があります。

 

「赤色105号」は別名「ローズベンガル」とも呼ばれています。熱や還元に強く、醱酵食品や焼き菓子に使われています。がんや染色体異常の危険があり、動物を使った実験では肝臓や腎臓、甲状腺に悪影響があると指摘されています。

 

「青色2号」は別名「インジゴカルミン」とも呼ばれ、アイスクリームや和菓子などに使用されている色素です。がんやけいれんが起こる危険性ありと指摘されています。

 

これらの合成着色料は、微量であれば摂取しても問題ないということで食品添加物として認められていますが、人間より体の小さな犬が摂取しても同じように安全だとは言い切れないのではないでしょうか。

日本では許可されていても海外では禁止されているものもあります。そもそも着色料は犬にとって不要な添加物ですので、入っていないドッグフードを選ぶに越したことはないでしょう。

犬に危険な甘味料が含まれていることも

ドッグフードには、食いつきをよくするために甘味料が含まれていることがあります。しかし、そういった甘味料の中には、犬にとって危険なものもあります。ドッグフードによく使われている甘味料を紹介します。

 

「キシリトール」は、人間用のガムやタブレットなどに含まれているため、よく目にする甘味料のひとつではないでしょうか。しかし、犬にとっては中毒を起こす原因になりますので、絶対に与えてはいけません。

犬がキシリトールを摂取すると、体内でインスリンが多量に分泌され、その結果低血糖におちいってしまう可能性があります。

低血糖になってしまうと、嘔吐や歩行困難、けいれんといった症状のほかに、昏睡といった深刻な結果も招きかねません。さらに、肝機能に影響が出るなど、場合によっては生命にまで危険がおよぶ可能性もあります。

キシリトールは、食品のほかにウェットティッシュなどにも含まれているため、イタズラで食べてしまうことのないように気をつけたいものです。

 

「グリシリジン・アンモニエート」は、人間の食品に入れることが認められていない甘味料です。その理由は、安全性が確認できていないからです。そういったものは、大切なペットにも食べさせたいと思うのが自然ですね。

 

「ビートパルプ」は、サトウダイコン(ビート)の繊維質のことです。サトウダイコンは砂糖の原材料となる植物で、糖分をとったあとに残る繊維部分をビートパルプと呼びます。

ビートパルプには繊維質がたくさん含まれていますが、犬は繊維質を消化吸収する力が弱く、栄養源としてはあまり期待できません。

さらに、摂取しすぎると便秘になる恐れがあります。甘みがあり、ドッグフードをかさ増しする材料としてもよく使われています。

 

「コーンシロップ」は、トウモロコシのデンプンから作られるシロップです。人間の食べ物では、清涼飲料水、キャンディ、アイスクリームなどに広く使われています。

ドッグフードに入れると粘りけや弾力性のある歯ごたえを出すことができるため、食いつきをよくする目的でも入れられています。

しかし、摂取することで副腎やすい臓に負担がかかり、糖尿病を引き起こす可能性があるため注意しましょう。

 

「ソルビトール」は、ブドウ糖を還元してできる糖アルコールの一種です。ソルビットまたはグルシトールともいわれています。甘味料としてだけでなく、保湿剤や保存料としても使用されています。

2012年にはイタリアでソルビトールを摂取した女性が亡くなるといった報道があり、安全性が疑問視されましたが、あとになって原因はソルビトールではなく亜硝酸ナトリウムだったと発表されました。

しかし、アレルギー症状が出る可能性もあるため、注意したほうが良いでしょう。

使用は減りつつあるがチェックは必要

このほかに気をつけたい添加物として、酸化防止剤があります。酸化防止剤とは、食品や化粧品などの酸化を抑えるために添加される抗酸化物質です。代表的な酸化防止剤について紹介していきます。

 

「エトキシキン」は、酸化防止剤としては非常に強力なものです。効果が高く、かつ安価なため、飼料などの添加物として世界中で使用されています。しかし、日本では食品添加物としても農薬としても認可されていません。

海外から輸入された食品に混入していたことが判明したときは、商品回収という措置がとられました。人間に使われていないものですから、当然大事なペットに食べさせたくないと考える人は多いのではないでしょうか。

海外から輸入されたドッグフードには使われている可能性があるため、注意しましょう。

 

「BHA」はブチルヒドロキシアニソールの略で、もともとは工業用油脂に添加されていた酸化防止剤です。食品添加物としては、バターやマーガリン、魚介冷凍品などへの使用が認められています。

発がん性をめぐってさまざまな議論が繰り広げられてきた添加物であり、膀胱がんや甲状腺がんのリスクが高くなるともいわれています。

 

「BHT」は、ジブチルヒドロキシトルエンの略で、接着剤やゴムなど石油用の酸化防止剤として使用されてきました。

変異原性(DNAあるいは染色体といった生物の遺伝情報に変化を引き起こすこと)が認められているため、アメリカでは乳幼児用食品への使用が禁止されています。このBHTの代わりに使われるようになったのがBHAです。

 

酸化防止剤は、使用しなければ短い時間でドッグフードが劣化してしまうことになるので、添加すること自体が悪いわけではありません。

最近では、ビタミンCやビタミンE、ローズマリー抽出物など安全な天然由来の酸化防止剤もあります。大切な愛犬のためには、こういったものが使用されているドッグフードを選びましょう。

こんなドッグフードには注意

それでは、実際にドッグフードを購入するときに注意したいこととして、これまでに紹介してきた危険性からポイントを確認していきましょう。

 

まず、原材料を確認したときに、内容が分かりにくいものは避けるべきです。「肉類(チキン等)」など、省略されている部分が多いものは、消費者には何が使われているのか想像もつきません。

「◯◯ミール」「◯◯パウダー」など、どのような原材料を使用しているのか不明な副産物が多く含まれているものも避けたいですね。

 

次に、添加物の多さです。ペットフード安全法では添加物の名称のほか、それをどのような目的で使用しているかもわかるように併記することになっています。

たとえば、着色料として赤色3号などのタール色素がずらずらと並んでいるものは、犬の健康を二の次にしている印象を受けます。添加物は、種類と成分、そして添加されている目的をしっかりと確認すべきです。

 

また、インターネット上の口コミは非常に参考になります。犬を愛する人にとって、ドッグフードは自分の食事よりも大切だという人もいることでしょう。成分を詳細に調査し、点数をつけて掲載しているサイトもあります。

また、「ドッグフードを変えたらおなかを壊すようになった」「便秘になってしまった」など、愛犬の健康に何らかの問題が発生した場合、ほかの犬に同じことが起きないようにと積極的に口コミを発信する飼い主は少なくないのです。

なるべく多くの口コミを集め、比較検討の材料にしましょう。

 

さらに、極端に価格が安いものも要注意です。安価な穀物や添加物などを多く使うことで価格を下げている場合があります。

天然由来の添加物なら安心

ここまで合成着色料などの添加物について説明してきましたが、添加物には天然由来のものもたくさんあります。

添加物はゼロであるに越したことはありませんが、現実的にはなかなか難しいので、ドッグフードは天然由来の添加物が使われているものを選ぶと良いでしょう。天然由来の添加物を紹介します。

 

「カンゾウ抽出物」は、マメ科のカンゾウの根などから抽出される天然の甘味料です。カンゾウは漢方薬の原材料としても使われる植物です。

砂糖の約200倍という甘みがあり、さらに塩味を和らげる効果もあります。佃煮や漬物などに使用されています。

 

「ステビア末」や「ステビア抽出物」は、キク科ステビアの葉から得られる天然の甘味料です。カロリーは砂糖と同等ですが、砂糖の約300倍の甘さがあるため、使用量を抑えられることから、カロリー低減の目的でも使われます。

 

「ウコン色素」はショウガ科のウコンの根から抽出される黄色系の色素です。カレー粉の黄色の色素でもあります。

 

「クチナシ色素」はアカネ科のクチナシという植物の果実から抽出される色素で、黄色・赤色・青色と豊富な色を出せることが特徴です。和菓子、ゼリーなどの冷菓、栗きんとん、漬物などに広く使われています。

 

「ビートレッド」はアカザ科のビートという植物の根から抽出される赤色系の色素です。ビートは薬草としても知られています。

 

「ラック色素」はイガラムシ科のラックカイガラムシという虫の分泌物から抽出される赤色系の色素です。ラックカイガラムシは、中国、インド、タイなどの東南アジアに分布しています。中国では古代より使用されてきた色素です。

 

大切な愛犬の健康を守るためには、こういった天然由来の添加物が使われているドッグフードを選びたいものです。ただし、犬の体質によっては合わない場合もあるため、すべての犬にとって絶対に安全というわけではありません。

ドッグフードを与える際には、与えた後の健康状態などを十分に観察して、愛犬に合っているかどうかをしっかりと見極めましょう。

添加物の少ない安全なドッグフードを

すべての飼い主が、大切な愛犬にずっと元気で過ごしてほしいと願っているのではないでしょうか。人間に医食同源という言葉があるように、犬にとっても食事は健康を保つためにもっとも重要なものです。

必要な栄養をきちんととることができて、かつ安全性の高いドッグフードを与えるには、飼い主の知識や選択が重要となってきます。ドッグフードは、良質な原材料を使っていることがあきらかな、添加物の少ないものを選びましょう。