ドッグフードの賞味期限と保存について

ドッグフードには乾いた質感の「ドライフード」と、水分を多く含んだ「ウェットフード」があります。この記事では、それぞれの賞味期限と保存ついての注意点を解説します。

ドライフード

賞味期限

ドライフードは、未開封の状態だとおよそ1年前後が賞味期限として表示されていることが多いです。期限を過ぎたドライフードは劣化が始まっている可能性が高いです。

ドライフードは開封後、長い時間が経っても、色・質感などに大きな変化がありません。

見た目の変化がはっきり分からなくても品質は劣化しているものです。開封後1カ月ほどで賞味期限が切れてしまうと思うくらいで丁度良いです。

ドライフードの賞味期限が切れると、「味がなくなる」「栄養価が落ちる」などの問題が生じます。そして、ドライフードが腐敗し始めると口にしたペットが下痢などの体調不良を起こす場合もあります。

油分が多いものは特に警戒が必要で、品質の低下した油はペットの内臓に大きな負担をかけるでしょう。犬には常に新鮮なドライフードを与えましょう。

保存

湿度の高い場所、温度の高低差が激しい場所は避けて保存して下さい。

開封後は、開封口をクリップなどでしっかり留めておき、少しでも外気に触れない工夫が大切です。

ウェットフード

賞味期限

ウェットフードは、未開封の缶詰タイプなら賞味期限は2~3年に設定されていることが多いです。

開封後は原則として、その日のうちが賞味期限と考えて下さい。ウェットフードは開封後、時間が経つほど味や匂いの劣化も顕著です。余ったウェットフードは翌日まで置かず、捨てましょう。

缶詰タイプのウェットフードであれば、1日で1缶を食べきれるようなサイズを選び、ストックしておくようにします。

もし、ペットが食事量に物足りないようであれば、軽いおやつなどで補ってあげるようにしましょう。

保存

ドライフードと同様、湿度の高い場所、温度の高低差が激しい場所を避けて保存しましょう。

開封後、長く放置するのが現金です。ウェットフードは賞味期限が長く記載されていますが、あくまでも「未開封状態」という条件つきです。

開封してしまうとすぐに質が悪くなるで、開封したら余らせないようにしましょう。食べきりタイプなど、最初から小分けにされているフードを選ぶのが得策です。

長い賞味期限には理由がある

ペットフードを頻繁に購入するのが手間だと感じている飼い主は、「賞味期限が長いもの」を基準にして商品を選びがちです。

ただし、賞味期限が長い食べ物は健康にいいと限りません。そもそも、新鮮な食べ物が時間とともに劣化していくのは自然の法則であり、そこに逆らっているということは何らかの加工がほどこされているといえます。

実際、賞味期限が長いペットフードの多くは、防腐剤や保存料などの添加物が使用されています。これらの中には、ペットの健康に影響する種類もあるので購入前に成分表はきっちり確認しておきましょう。

 

代表的な添加物でいうなら、酸化防止剤のエトキシキン、BHA/BHTはガンにつながる恐れがあります。着色料のニューコクシンも赤血球異常を引き起こすリスクのある添加物です。

甘味料もペットフードに使われがちな添加物ですが、時には人間の食べ物であれば使われないような種類が含まれています。また、ペットによっては添加物との相性が悪く、アレルギーなどの症状が起きてしまうこともありえます。

賞味期限のチェックと合わせて、酸化防止剤などの使用がないかチェックしましょう。添加物を食べれば絶対に体調を崩すというわけではありませんが、飼い主であれば危険性は知っておきたいところです。

 

一般的には、安全とされている保存料も、いざペットに与えてみると体調不良の原因になることは珍しくありません。重要なのは、メーカーの保証や口コミではなく、ペットの体質です。

ペットの体調に少しでも違和感を覚えたなら、ペットフードの成分を調べたうえで別の種類を試してみるのが得策です。

愛犬の食べる量に合った買い方を

ペットフードの賞味期限は、愛犬が健康的に暮らすうえで見逃せないポイントです。

「もったいない」「新しいペットフードを買いに行くのが面倒」といった飼い主の都合で賞味期限を無視していると、ペットの体調に悪影響を及ぼしかねません。

賞味期限を守るための心がけとしては、「過剰なまとめ買いを避ける」「愛犬の食べるスピードを考えて購入する」の2点が挙げられるでしょう。

愛犬の食事量よりもペットフードが多いとストックが減りませんし、思わず翌日に取り置きをしてしまい、劣化を招きがちです。

愛犬の食事を考えることが、新鮮なペットフードを与えられる習慣につながっていくことでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください