足すだけでカンタン!犬にもおからを

人間と同じように、犬も肥満になる可能性があります。

というか、よく見ますよね、おデブちゃんになってるワンちゃん(笑)

人もそうですが、太ってしまうとなかなか痩せられません。行き過ぎた肥満は健康に問題が生じますから、ダイエットの必要があります。

少し太ってきたな、と感じた時にダイエットを始めるのが大切なのも、ヒトと同じですね。

おからはワンちゃんにも良い健康食

人のダイエットにも活躍する食材で、ワンちゃんにも与えられて、値段も安いものはなにか。

それは「おから」です♪

大豆から作られる「おから」を原料としたオヤツは、人のダイエット食品としても人気ですよね。

ワンちゃんにも安心して与えられます。もちろん、与えすぎはいけませんけど、喜んで食べるなら、他の脂質や糖質が高いオヤツよりも健康的です。

こちらの動画のワンちゃんも、喜んで食べてますね~

可愛いですね♡

犬が肥満になる原因とは?

犬が太ってしまう原因も、人と同じです。

摂取したエネルギーに比べ、消費エネルギーが少なければ脂肪が蓄積されて肥満体型になってしまいます。つまり、「運動不足」の状態ですね。

散歩をさぼったり、欲しがるからといってどんどん食事やおやつをあげてしまう。

つまり犬の肥満は、飼い主の責任というわけです。

 

太らせるつもりはなくても、単純に適量を把握しておらず、与えすぎている場合もあります。

犬は人間と違って年齢が感じられにくいため、長く飼っていると、幼かった頃と同じようにごはんをあげすぎていた・・・なんてことも。

現在の適量はどのくらいなのか、常にアップデートが必要ですよね。

 

病気が原因で肥満になっていることもありますが、その場合は肥満の他に、もっと目に見えて心配なことが起きているはず。

日々、ワンちゃんの様子を見ている飼い主さんなら、すぐに気がついてあげられると思います。

肥満から心配されること

「犬なのだから多少太っていてもいいじゃないか」と思うこともあるかも。たしかに、ふっくらしてるとより可愛らしく感じますよね~。

でも、健康のことを考えたら、肥満をそのままにしておくのは考え物です。

 

犬が肥満になると、まず関節や筋肉へ大きな負荷がかかります。

増えた体重で足腰への負担が大きくなり、場合によってはじん帯や椎間板を傷めることもあるそうですよ。

 

また、肥満は心臓など内臓への負担にもなりますよね。

その点も、人と同じです。さらに糖尿病のリスクも高まります。犬なのに糖尿?と思っちゃいますが、成人病は犬・猫にも増えているので、侮れません。
 

おからでカサ増しダイエット

ワンちゃんも食べることは好きですよね。健康であればなおさらです。

急にごはんを少なくしちゃうと、寂しそうになるかも。

そんなときは、いつものドッグフードはやや量を減らし、代わりにおからでボリュームを出すのがおすすめです。

ウェットタイプのドッグフードの場合、量を3分の2程度に抑え、その分おからを混ぜちゃいましょう。生のおからを混ぜると混ざりやすいし、フードの味もなじみやすくなります。

おからはスーパーなどでも手に入ります。パウダータイプになっているものがおすすめです。パウダータイプは保存もききますからね。

 

おからには食物繊維が豊富に含まれており、愛犬の便秘改善にもおおいに役立ちます。

良質なたんぱく質を豊富に含んでいるため、犬の毛に栄養を行き渡らせて毛艶を良くする効果も期待できます。

 

すでに肥満になってしまっていたら、もう今日の食事から変えてみましょう。

人のダイエットも同じですが、決意したらすぐに始めるのがコツ。先延ばしにしても、いいことはありません。

そして、あせらずゆっくりと進めることです。