愛犬の口に合ってる?ドッグフードの粒の大きさにもご注意

ヒトも、年代によって食べやすい大きさ・柔らかさってありますよね。

お年寄りに若者と同じような食べ物を出したら、食べづらそうにするのは当たり前です。もちろん、個人差もありますけれど。

ドッグフードも同じで、原料や味が良くても粒の大きさが合わないと、食べづらかったりするんですよね。

小型犬や子犬、年をとったシニア犬にも、小粒のドッグフードは便利ですよ。

 

ドッグフードの粒の大きさにも気を配ってみて

ドッグフードの粒の多きさが合っていないと、犬にとって不都合なことが起こるみたいです。

犬の歯は食べ物をすりつぶす構造ではないため、ドックフードを丸のみしちゃうことにも。

丸のみしても害がないとは考えにくいですよね。愛犬が消化不良になっては大変です。

 

 

ドッグフードを食べている最中に吐いたり、むせたりする場合も要注意。ドッグフードがのどに詰まっていませんか?

そもそも、粒が大きくて口に入れづらく、食べない犬もいるそう。こういった事態が起きていないかは、食事の様子をしっかり見てあげるしかありません。

順調に、嬉しそうに食べているかどうか、観察しておくことですね。

 

噛む力や口の形も考慮して

ドッグフードの粒の大きさは、体の大きさ以外にも噛む力・口の形も気にして選んであげたいですね。

口が前に出ていない犬種の場合、特に大粒のフードは口に運びづらいと思います。

また、単純に小型犬は大型犬に比べ胃腸も小さいので、小粒のほうが胃にかかる負担も少ないとのではないかと思います。

 

犬のライフステージによって、粒の大きさを考えることも重要でしょう。

例えば、シニア犬は噛む力が落ちてきたり、歯が弱っていたりする場合もあるので、小粒が適しています。

年齢によって消化機能が低下しているという面から考えても、小粒のほうが安心ですね。

愛犬が歳をとってきたなと感じたら、ドッグフードの粒の大きさについても一度見直してみるといいかも。