低脂肪ドッグフードのメリットとデメリット

ドッグフードは、低脂肪のものも販売されています。

犬の健康状態によっては、低脂肪のドッグフードを選びたくなることもありますよね。

でも、ちょっと気をつけたい点もあるみたいですよ。

 

低脂肪ドッグフードはどんな犬に向いている?

低脂肪のドッグフードを与えたくなるのは、どのような犬でしょうか。

まず、考えられるのは肥満気味の犬ですね。ヒトと同様に、犬も飽食の時代となりました。食事のほかに、犬用のおやつも充実しています。

可愛いしぐさを見せてくれるのが嬉しくて、ついついおやつもたくさん与えてしまいがち。

また運動不足の犬もたくさんいます。これらのことから、肥満犬も多くなっているというわけです。

このタイプの犬には、低脂肪ドッグフードは良いでしょうね。

 

また、代謝が悪くなった老犬にも、低脂肪ドッグフードはいいかも。

犬も人間と同じように、歳を重ねると基礎代謝が落ちてしまいます。若い時と同じように食べていると、太ってしまう点も同じですね。

また、老犬は運動量も落ちるので、運動による自然なダイエットや体重維持も見込めません。

そういった犬には、低脂肪ドッグフードはむいています。

 

低脂肪ドッグフードのデメリット

低脂肪ドッグフードは、必要な犬には良くても、そうでない犬には与えるべきではない、という点もあります。

たとえば成長期の犬には、必要な栄養素まで不足する可能性がある低脂肪ドッグフードはむいていません。

0~1歳のときの子犬は、骨格形成をするために多くのカロリーを必要とします。この時期の犬に与えてしまうと、必要なカロリーが得られず成長不良に陥る危険性があります。

 

また、運動量が多い犬の場合は、低脂肪ドッグフードでは体力不足になる場合もあります。

運動をすれば脂肪分も減ります。

低脂肪ドッグフードを食べて、十分な脂肪分を得られなくなった結果、筋肉も落ちてしまう可能性があります。

太ってもいないのにムリにダイエットさせる必要はありませんよね。

そこはちゃんと見極めて与えたいものです。

 

低脂肪なら良いということではない

愛犬に長生きしてもらいたい気持ちから、かえって犬の健康を害する結果になっては本末転倒です。

本来必要な栄養素やエネルギーは、しっかり摂取させるべきですね。

 

また、もし肥満気味だとしても、それが妊娠中だったりしたら、話は別です。

妊娠中にはたくさんの栄養が必要ですし、カロリーも通常より多く必要です。

詳しくは獣医さんに相談して決めたいものですが、妊娠中なのにダイエットさせようと低脂肪ドッグフードを与えるのは避けたいところ。

犬にもライフステージがありますから、その時期に必要なものを選んであげたいですね。

 

愛犬に必要な栄養素まで減らさない

自分の愛犬がどのような健康状態なのかは、飼い主であれば当然気になると思います。

会話もできないので、どうしても見た目で判断するしかないのですが、肥満は比較的わかりやすい状態ですよね。

運動を増やしてあげる、低脂肪ドッグフードを選んであげるのも良い手段と思います。

ただ、愛犬の年齢や、今必要な栄養分は何か、など検討すべきことがらは色々とあります。

単純に低脂肪ドッグフードを選ぶのではなく、さまざまな角度から検討して、与えるかどうか決めたいですね。