どこが違うの?無添加ドッグフードの選び方

愛犬の健康維持のために、できるだけ「無添加のドッグフードを選びたい」と考える飼い主さんも多いと思います。

一般にいうドッグフードと無添加ドッグフードはどんな点が違うのでしょうか。

そして選び方にコツがあるのかどうか、知りたいですよね。

無添加ドッグフードの特徴

無添加ドッグフードはなぜ選ばれるのか。それは特徴に理由があります。

 

まず、アレルギー対策がしやすいこと。

犬のアレルギーはヒトと同じで、食事、ハウスダスト、カビ、ノミ、ダニなどが原因とされているようです。

同じドッグフードを毎日食べ続けている犬が食物アレルギーにかかりやすいということも聞きます。

無添加ドッグフードには、犬が食物アレルギーを起こしやすい食材を使っていないものが多くあります。

 

次に、添加物が入っていないこと。正確に言えばまったく添加物が入っていないわけではないんですけどね。

犬が拒否反応を示しやすい人工添加物は使用せず、天然由来の添加物を使用している製品がほとんどです。

天然由来の添加物はほぼ体に害がないため、安全と考える飼い主さんも多いんでしょうね。

 

次に、原材料にこだわっている点。主に、鶏肉、鹿肉、ラム肉、馬肉、魚類などの、犬の消化によいとされる上質な動物性タンパク質を原材料としているドックフードが多いです。

なかにはヒューマングレイドと呼ばれる、人間が食べても大丈夫な材料のみを使ったものも。

もちろん、犬に食べさせるための材料ですから、ヒトには良くても犬にはだめ、という材料は使われていません。

 

最後に、原材料になる食肉の飼育や、野菜の栽培法、使用する部位などにこだわっているドッグフードが多いということです。

残念なことに、無添加ドッグフードのなかには「残留薬物(キャリーオーバー)」と呼ばれる、薬剤をたっぷり使って育てた食肉を使用しているものもあります。

そのため、飼育方法などにこだわりを持っているドッグフード安全性が高い、と認識されるんですね。

 

無添加と一般のドッグフードの違い

一般のドッグフードとは、保存料や着色料、防腐剤、凝固剤などの人工添加物を使ったもののことです。こういった人工添加物は、日持ちをよくするためや、味や見た目をよくするために使われます。

もちろん、認可を受けて販売されているものですから、許容範囲であることは間違いありません。丈夫なわんちゃんなら、何の問題もなく与えられると思います。

でも、愛犬のコンディションを考えたら、なんとなく避けたいと考えますよね。

 

無添加ドッグフードを選ぶポイント

無添加の表記があれば、無条件でよいもの、とは限りません。

「充分な栄養を吸収できるか」も大切なことです。その点に注意して選ぶ必要がありますね。

 

まずは、穀物が使われていないかどうかをチェックしましょう。

犬は穀物の消化を苦手としています。特に小麦やトウモロコシなどは吸収率も悪く、こういったものが含まれているドッグフードを食べ続けると、慢性的な栄養不足に陥る可能性が高いです。

また、穀物は糖質が多く、肥満の原因ともなります。

 

次に、「◯◯類」「◯◯肉副産物」「◯◯ミート」「肉骨粉」「ビートパルプ」などといった材料が含まれていないかどうかをチェックしましょう。

その多くは、人間が食べるために売られた肉の残りの部分を使ったものです。こういった材料には、肉そのものだけでなく、他の部位も紛れ込んでいる可能性があります。

ビートパルプとは、いわゆるかさ増しのために使われている材料です。

食物繊維が豊富なため草食動物にはぴったりですが、犬には特に必要のない栄養素です。

 

最後に、良質な動物性のタンパク質を材料としているかどうかをチェックしましょう。犬は、肉を食べるのに最適な歯と消化器官を持った肉食寄りの雑食です。

鶏肉などの肉材料が多ければ多いほど栄養素を取り入れやすく、犬にとってよいドッグフードであると言えます。

良質なドッグフードにはしっかりと肉の割合が表記されているため、確認してみましょう。

原材料の表記の一番最初に肉が書かれており、50%以上が動物性の肉であれば栄養面に問題はなく、犬も満足できるはずです。

 

口コミや評判は参考になる?

ドッグフードの口コミや評判は、インターネット上で探せばたくさん出てきます。商品の概要をつかむために参考にするのであればよいでしょう。

しかし犬種や体質、生活環境や疾患によっても、ドッグフードへの食いつきや体への影響は異なります。できる限り、愛犬の反応を見て、続けて与えるかどうかを決めたいですよね。

ネット上の口コミも便利ですが、実際には同じ犬種を飼っている飼い主さんに聞いてみるとか、生の声を聞くことも大切です。