犬にかぼちゃは良い?簡単レシピも紹介

夏が旬の野菜かぼちゃはとても栄養が豊富です。しかし、犬にかぼちゃを与えても良いのかと、迷う人もいるでしょう。

そこで、犬にとってかぼちゃはどのような食べ物なのか解説していきます。簡単レシピも紹介しているので参考にしてください。

犬にとって「かぼちゃ」は良い食べ物?

かぼちゃは夏が旬の野菜で、甘くておいしいですよね。また、「冬至に食べれば風邪をひかない」といわれるほど栄養素が高いことでも知られています。

そんなかぼちゃですが、犬と人間の体は違いますから、食べさせて良いのか迷うこともあるでしょう。結論を先に書くと、かぼちゃは、犬にとって健康的な食材です。

ビタミンが豊富

かぼちゃは、下記のビタミンを多く含む食材です。

  • ビタミンA
  • ビタミンB
  • ビタミンC
  • ビタミンK

ビタミンAは、粘膜の働きをサポートする成分で、口・鼻・喉などあらゆる粘膜を丈夫に保ってくれます。

また、皮膚や被毛の状態も健やかにしてくれる成分です。ビタミンAは「目のビタミン」とも呼ばれており、白内障の予防や角膜を正常に維持するのを助けてくれます。

 

ビタミンBとビタミンCも豊富に含まれており、抗酸化作用、つまり老化防止作用によって犬の長生きを助けてくれます。

人と違い、犬はビタミンCを体内で作ることが可能です。しかし、加齢とともにビタミンCを作る力が衰えるので、高齢犬に、かぼちゃはビタミンCの補給源となります。

 

ビタミンKも含まれています。ビタミンKは健康な血液と丈夫な骨を維持するのに欠かせない成分です。骨芽細胞を活性化させる作用があるビタミンKは、人間の医療では骨粗しょう症の治療にも用いられています。

カリウム

かぼちゃに最も多く含まれているミネラルはカリウムです。カリウムは神経伝達物質の受け渡しをスムーズにしてくれる成分で、血圧安定の効果も期待できます。

脱水症状の予防にもなるため、暑い時期にかぼちゃを与えるのは効果的です。また、栄養の吸収・合成などに関わるマグネシウムや、老廃物の分解に役立つモリブデンも多く含まれています。

かぼちゃを使って手作り風フード

ここでは、かぼちゃを使った手作り風フードを紹介します。かぼちゃは豊富な栄養を含むとはいえ、栄養素のバランスの点ではドックフードにはかないません。そのため、トッピングや味のアクセントとしてかぼちゃを使うのが基本です。

細かくカットしてゆでる

繊維の多いかぼちゃは、細かくカットするか、ゆでてつぶしたほうが消化に良く、胃腸の負担になりません。

ビタミンやカリウムなど栄養素が豊富なので、不足しがちな栄養を補うサプリメントのように与えられるのがかぼちゃです。

スープにする

犬の食欲がないときはスープにするのも良い方法です。かぼちゃが煮崩れるまで水でゆでて煮汁ごと与えます。栄養も一緒にとれるうえ、消化もしやすいです。

なお、スープの味付けは必要ありません。なぜなら、犬は人間と違い塩分をあまり必要としないからです。

シンプル!かぼちゃのカップケーキ

かぼちゃのカップケーキのレシピです。

材料はこちら。

材料
  • かぼちゃ ⇒ 約100g
  • 薄力粉 ⇒ 約大さじ3
  • ベーキングパウダー ⇒ 2つまみ
  • サラダ油 ⇒ 小さじ1

作り方を紹介します。

材料
  1. かぼちゃを、電子レンジで約6分加熱
  2. 種と皮を取り除き、フォークなどでつぶす
  3. 薄力粉・ベーキングパウダー・サラダ油を加えて混ぜる
  4. 型に入れて180度のオーブンで20~30分ほど焼く

かぼちゃを与える場合の注意点は?

栄養満点で普段の食事のトッピングやおやつにもなるかぼちゃは、良いことづくめのように思えるかもしれません。しかし、かぼちゃを与える場合、いくつか注意点があります。

与えすぎると便秘に?

かぼちゃを摂取しすぎると犬が便秘になる恐れがあるので注意して下さい。

もともと、犬は食物繊維を多く含む食べ物の消化が苦手です。そのため、「皮を取り除く」「細かく切る」「加熱する」という方法を取るのが良いでしょう。

かぼちゃの種の取り除き忘れにも注意してください。かぼちゃの種は最も消化がしにくいため、消化器官で詰まってしまうリスクがあります。

かぼちゃは糖質が多い

かぼちゃは糖質が多く、100gあたり約90カロリーと、野菜のなかではカロリーが高いほうなので、与えすぎには注意が必要です。与える量は主食のトッピング程度にしてください。

毎日与えるのではなく、適度に間隔を空けるのも良い方法です。主食とかぼちゃのカロリーを合計したカロリーを計算し、肥満にならないように気をつけてあげるのがベストです。

ただし、必要なカロリーの計算は犬の運動量や年齢によって変わってくるので、一般の人が簡単に計算できません

獣医師などにアドバイスを受けた食事の量をもとに、かぼちゃをトッピング程度に与えるのが良いでしょう。

おおまかな目安を知りたい場合は、インターネットでカロリーを計算してくれるサイトを利用するのも便利です。下記の記事で紹介しています。

愛犬の一食あたりに必要なカロリーの計算方法

かぼちゃは適度に与えてあげよう

かぼちゃは犬の体にとっても良い食べ物です。豊富なビタミンを含み、カリウムなどミネラルも含んでいます。適度に与えることで、犬の健康を守ってくれるでしょう。しかし、注意点もあります。

食物繊維が豊富と聞けば、人間ならば積極的に摂取しようと考えるところですが、犬は食物繊維の消化が苦手です。与えすぎは消化不良や便秘の原因ともなりかねないので注意が必要です。

また、かぼちゃは糖質・カロリーが多い食べ物でもあるので、肥満防止のためにも主食のトッピング程度で与えてください。

これらを守れば、かぼちゃは犬にとっておいしく健康的な食べ物になりますし、おやつとしても与えられます。愛犬の健康と幸せのために、かぼちゃを上手に取り入れてみてください。