犬の食器は何がいい?機能的なものもヨシ、遊べる給餌器もヨシ

犬用の食器は選ぶのも楽しいですね。

材質も形状もさまざま、本当にたくさんの種類があります。

つい、好みで選んでしまいますが、食器を使うのはわんちゃんです。

あくまでも、犬にとって使いやすい、食べやすい形や安全性などを第一に考える必要がありますね。

それぞれの食器の、種類ごとの特徴やポイントを知っておき、選びたいものです。

 

陶器製の食器

犬は食器をひっくり返してしまうことがよくあります。

陶器製の食器はある程度重量があるので、安定製がありますね。水洗いも簡単だし、耐久性もまずまずです。

洗いにくい食器、キズが付きやすい材質のものは汚れが残りやすく、雑菌が繁殖しやすいもの。

雑菌は場合によっては歯周病の原因にもなります。もちろん、お腹を壊すことも。

陶器製の食器なら、傷も付きにくく比較的安心。アレルギー反応が出る可能性もまずありせん。

さらに、電子レンジ対応のものを選べば、手軽に食事を温められるのも大きなメリットです。

 

一方で、陶器は衝撃に弱いというデメリットがありますね。デザインや形状によっては、割れやすいことも。

ちょっとぶつけても欠けてしまうことがあります。

欠けたところでわんちゃんがケガする可能性がありますから、その点は注意が必要です。

 

ステンレス製の食器

ステンレス製の食器は割れません。値段も比較的安いものが多いし、キズもつきにくいです。消毒も簡単ですね。

ただ、軽すぎてひっくり返しやすいという欠点があります。飲み水を入れるには向いていませんね。

 

ステンレスにアレルギーを起こす、というのはあまりありませんが、可能性はゼロではありません。

特に、粗悪なつくりのものには注意が必要です。あまりにも安いもの、製造元がハッキリしないものは避けた方が無難。

また、ステンレス製の食器はデザインがシンプルなものが多く、あまり可愛らしいものが少ないので、その点が物足りなく感じる人もいるようです。

 

プラスチック製の食器

プラスチック製品はとにかく安価です。めったなことでは割れませんし、コストパフォーマンスは最高ですね。

カラフルで可愛いデザインのものも多いので、たくさんある中からお気に入りを見つける楽しみもあります。

ただ耐久性はありません。犬が強く噛むと、ヒビが入ることもあります。縁がボロボロになってしまう、なんてことは日常茶飯事。

完全に割れないまでも、キズが付きやすいのは困る点ですね。

 

キズが付きやすいということは、雑菌の繁殖の危険性も高まるということです。

安価なのですぐに買い換えがきき、それを楽しむつもりなら良いと思います。

お気に入りを長く使いたい人には、プラスチック製は不向きですね。

 

でこぼこしている食器はなんのため?

ペットフード用の食器は、形状も工夫されているものが多くあります。

たとえば、内側がでこぼこになっているもの。あれは、犬の早食いを防止するためのものです。

犬には限られた食料を、素早く確保しようとする野生の本能が備わっています。そのため、とにかく早食いになりがち。

しかし、食料の心配のない飼い犬にとって、早食いはデメリットしかありません。消化不良の原因にもなります。

 

そこで、食器をでこぼこにしてわざとエサを食べにくくしているのです。そうすると、ゆっくり食べざるをえなくなるんですね。

また、犬にダイエットをさせたい場合も、でこぼこ食器は利用価値があります

こうした食器を購入する際にはサイズに気をつけなくてはなりません。

なぜなら、大型犬用のでこぼこ食器を用意しても、小型犬ならあっさりと食べられて効果がないといった場合があるからです。

こ他に、エサを探しながら食べる芝生型やゆらゆら揺れてエサが食べにくいボール型の皿などがあります。

愛犬のストレスにならない程度に、そういった食器を使うのもよいでしょうね。

 

便利な給餌サーバー

家を留守にすることが多い飼い主にとって便利なのが給餌サーバーです。

毎回エサを用意しなくても、自動または手動でエサを出せるようにできます。

数日分のエサを用意していたとしても、それをそのまま皿に出しておくわけにもいきませんね。

その点、給餌サーバーなら一定時間ごとに決まった量のエサを出せるので安心です。

 

また、食事制限の必要な犬に与え過ぎを防ぐのにも給餌サーバーは有効です。

なぜなら、給餌サーバーは決まった量のエサを出すだけですからね。

 

ちなみに、給餌サーバーは大きくわけて、トレイタイプとストレッカータイプの2種類があります。

トレイタイプは6~8食分ほどに区分されたエサが回転しながら1食分ずつ出てくるというものです。

ドライフードの他に生タイプのエサも与えられるのがメリットですが、エサの区分は自分でしなければならないので準備には手間がかかります。

それに、1度にセットできるエサの量も少なめです。

一方、ストレッカータイプは大量のエサを入れておくことができますし、自動的に一定量のエサを区分しながら出してくれるので手間がかかりません。

生タイプのエサは使用できません。

 

番外編・これも食器?

スマホなどを操作して愛犬の様子を見ることができるカメラ付き給餌器もあります。

こちらから話しかけることもできるため、留守中の愛犬の様子を確認できるのがいいですよね。

遠出しているときでもかわいい映像や音声を確認できますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください