犬がドッグフードを食べないときは?

いつもならお皿を空にするはずの犬が、ドッグフードを食べなくなってしまうケースがあります。

ご飯を食べないと、体調が心配になってしまいますよね。

ヒトと同じように、わんちゃんにも食欲のある時、ない時があります。それはどんな時に変わるのでしょうか。

 

ドッグフードが合わなくなった

まず考えられるのは「ドッグフードが合わなくなった」というものです。

これまでは好んで食べていたものを食べなくなった場合は、わんちゃんの嗜好が変わったとか、飽きてしまった、なんてことが考えられます。

ドッグフードは味やにおいはもちろん、粒の形状も製品によって異なります。

これまでのものを好まなくなったようなら、柔らかさや形状、原材料が違うものを与えてみると良いかもしれませんね。

 

たとえば、大粒のドッグフードを与えている場合は、試しに細かく砕いてみてもよいですね。

細かく砕いた状態なら食べるようであれば、「粒の大きさが合わなくなった」のが原因である可能性が高いでしょう。

 

ドッグフードを切り替えたばかりのときは、なかなか食べないことも多くあるようです。

新しいフードになかなか慣れない場合は、様子をみながら元のフードに戻すことも考えた方がいいかも。

切り替える際は、急激に変えてしまうのではなく、今までのフードに少しずつ混ぜながら与えるのも1つの方法です。

もとのフードに新しいフードを徐々に混ぜながら与えると、犬が変化に慣れやすくなります。

 

飽きていても、それを与えなくてはならない場合は

犬がそのフードに飽きたとしても、それを与え続けなくてはならない場合もありますね。

たとえば持病がある、などの場合です。そんな時は、トッピングを変えてあげると食べるようになることもあります。

たとえば、ゆでたキャベツを刻んだものや、ゆでてほぐしたササミ、ゆでたブロッコリーなどを加えてあげると食味が変わり、食べるようになったりします。

どのようなものをトッピングして良いのかわからなかったり、不安だったりする場合は、「市販されているふりかけ」を使用する方法もあります。

肉や魚を粉末にしたふりかけは、犬の嗅覚を刺激して食欲を増進させるのに役立つでしょう。

また、栄養バランスを考えて作られているふりかけを選べば、栄養補給にもなるため便利です。

 

体調が悪いときにも食べなくなる

最も注意したいのは、「体調不良」による食欲不振というケースですよね。

どんな工夫をしても食欲がない、という状態が続くようなら、嘔吐していないか、下痢はしていないか、便秘はしていないかなど、体調を観察する必要があります。

痛みや不調を訴えないので、見極めが難しいものですが、ふだんと違うことがないかどうかは、飼い主でないとわかりません。

じっくり観察して、おかしなところがないかを見てあげましょう。

ただし、ドッグフードは食べないものの、おやつを与えると元気よく食べる、なんて場合は、病気ではないことが多いようですよ。

 

加齢によりこれまでのものが食べにくくなることも

長年、おなじフードを与えていた場合は、「加齢」によりドッグフードを食べにくくなっている可能性があります。

シニア犬になると噛む力が衰えてくるため、固いドッグフードやおやつを好まなくなります。

これはヒトも同じですよね。

シニア犬とは一般的に7歳以上を指しますが、噛む力が衰え始めるのは個体差があります。

そのため、7歳以下の犬であっても、噛む力の衰えによりドッグフードが食べにくくなっているのかも。

 

噛む力が落ちているのに、それまでと同じ固いドッグフードやおやつしかあげていないと、どんどん食べなくなってしまいます。

特に、10歳を超えている場合はドッグフードをやわらかいものや小粒のものにしてみたり、シニア用のものに切り替えることが必要です。

また、こちらも加齢が原因ですが「歯周病が進んでいる」ことにより、食事がしにくくなっているケースも。

犬を観察し、歯周病にかかっていないかチェックも必要です。歯石があれば、獣医師に相談してケアすることですね。

 

ドッグフードが傷んでいる

見落としがちなのが「ドッグフードが傷んでいた」という原因です。

ドッグフードは時間の経過とともにコーディングの油が酸化し、臭いが変化します。

犬は臭いに敏感なため、ヘンな匂いがすると食べません。

ドッグフードはこまめに書いたし、常に賞味期限をチェックしましょう。
 

さらに、ドッグフードが傷まないように日頃から保管方法にも気を配る必要がありますね。

食べ物ですから、「空気に触れる」「直射日光や照明などの光に当たる」「高温多湿」などの悪条件は好ましくありません。

特に、梅雨などの湿度や気温が高い時期はカビの発生や腐敗などが起きやすいもの。

保管方法には充分な注意が必要になります。